日  時:10月毎週水曜日 17:30~18:30

参加者:中学生34名(4日間計)

 

毎週水曜は中高生タイム!

中高生にとって児童館に足を運ぶ機会も増え、だいぶ定着してきたとは感じていますが、中高生と職員の心の距離はいまひとつ縮まらず…。

というのも中高生の目的といえば「卓球」「バスケ」「バドミントン」こんなところが主です。

 

もちろん日常的な会話や一緒に遊ぶことはあっても、今一歩お互い踏み込めない感じ…。

そこで今回の中高生VS職員バトルの開催です。

 

定番の運動種目に児童館らしいおもちゃでの対戦メニューも用意しました。

そして真剣勝負に拍車をかけるのは景品の「うまい棒」!!

中高生が勝った場合にはうまい棒を進呈します。

しかし!簡単に勝たせる程職員も甘くありません。職員が勝ってもうまい棒がもらえるわけではありませんが、大人のプライドを懸けていざ勝負開始です。

 

さて勝負の様子。

まずは中学から卓球をはじめ、早くも卓球部の次期エース候補のHくん対みどり児童館の福原愛ちゃんこと中川さん。

中高大と卓球でならした中川さんの腕は本物で、大人げないともいえる手加減なしの勝負で勝敗は職員に軍配が上がります。

DSCN0250

しかし中川さんに

「次は自分のラケットじゃないと厳しいかも…」

と言わせたHくんの腕も本物。今では来館の度

「中川さんいますか?」

が口癖となっており、児童館でも腕を磨いて本当のエースに成長してくれたら嬉しく思います。

 

 

続いて

中高生向けおもちゃの「ゴブレット」

DSCN0202

こちらは五目ならべにさらに戦略性を加えたようなゲーム。

とにかく奥が深く面白い。

このゲームが得意なのはKくん。

 

とにかくよく児童館に遊びにきてくれますが、頭が切れること切れること。

さて勝負の行方は

「えのきどさん…それでいんですか?」

「ちょ、ちょと待って!」

「はいはい」

なんてやりとりから分かるように常にKくんが優勢。

職員、もちろん負けました。悔しい…。

 

時々やんちゃな姿もあるKくんですが、縁あって中国語が得意なことから児童館に来館する中国系の幼児さんに「片付けして帰ろう」と伝えるにはどうしたらいいかなーと聞くと

「えーと…子どもに伝えるから、優しい言い方のほうがいいんだよね?」

と優しい一面も覗かせてくれます。また後輩にも慕われるお兄さんぶりも発揮してくれています。

 

 

続いてバトミントン対決。

DSCN0254

こちらには女子2名が参戦。

SさんとWさんは田村さんとバトル開始。

しかしなぜか構図はテニスをやっているSさん対バドミントンが苦手なWさん&田村さん。(笑)

勝負はどっちつかずの展開でしたが、頑張ったので景品はプレゼント。

しかし、結果を受けて2人は学校で修行を積んだようで後日リベンジへとやってきました。

見違える程上達したWさん。今度は田村さんとのタイマン勝負を期待しています♪

 

この他3年生の男子グループに申込まれたドッジボール対決では4対2の圧倒的不利な状況を覆せず、職員がしっかり敗北。体の出来上がった中高生の球は怖い。(笑)

ジェンガ対決では

「久々真剣にジェンガやったけど面白いね」

と中学生からも声が挙がる程の熱戦でおもちゃの魅力が改めて伝わった機会にもなりました。

 

また、他学年の交流や、男女でいがみ合いながらも一緒にバドミントンを楽しむ姿など普段とは違う姿も見られました。

 

4回開催されたバトルの総合結果は用意した30本のうまい棒が残り10本。

良い勝負だったかどうかはみなさんの判断に委ねたいと思いますが、後半2回はうまい棒目当てというよりも自然と

「ねぇねぇ勝負しようよ」

と積極的に声を掛けてくれることが増えた事が何よりだったかなと思います。

 

中高生のみなさん。またの挑戦!そして恋の悩みや相談など…いつでも待ってるぞ♪

 

児童厚生員 榎戸 勇太(15)

 

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー