日時:8月18日(火)14:00~16:00 場所:みどり児童館本館 集会室・乳幼児室 参加者数:中学生2名   「マペット人形」 DSC08475 みなさんご存じですか? 実はコマームの主催するマターナル定期講座で教わった画用紙で 簡単にできる人形です。 職員も夢中で作り、とても可愛くてなにかの機会に制作や発表が できないかなぁと考えていました。   小学生でもいいけど制作にはコツがいるのでもう少し上の学年を対象に… ということで今回の事業に繋がりました。 しかしながら中高生の夏休みは部活や遊びで忙しくなかなか都合がつかず…。 設定していた時間も午前中だった為 「やりたいけど都合が…」 という声ばかりでした。 そんな中 「午後なら部活終わりに友だちと参加したいです」 と言ってくれたのは向陽中学校の1年生女子MさんとIさん。 小さい子が可愛くて好きだというのと何よりマペットを 作ってみたいとのことで急遽午後にも行うこととしました。   迎えた当日の午前中は、やはり部活の為か中学生の来館はなく、 午後もあっという間に開始時間の2時を過ぎました。 「すみませーん、まだイベントやっていますか?」 と声を掛けてくれたのは参加したいと言ってくれていたMさんとIさんの 2人でした。 「もちろん!」 事前の申し込みはなかったですが、忘れずにイベントに 参加してくれようとした気持ちがとても嬉しく思いました。 簡単な自己紹介を済ませ、早速制作へ移ります。 まずは基本のベース作りから。 普通の画用紙をとにかくクシャクシャにしていきます。すると… 「すごーい!!なんか柔らかい♡」 と中学生から驚きの声があがる程の質感が変化していきます。 DSC08374 それを手にはまるように糊付けし、後は職員の見本を参考に 「うさぎは出っ歯があると可愛いかな?」 「水色だからゾウにしようかな?」 などと楽しく考えながら制作が進んでいきます。 集中する事40分程でNさんは出っ歯が特徴のうさぎさん、 Iさんはゾウの耳としてつくった耳がネズミに見えるという事で 大きな耳のネズミさんが完成しました。 DSC08378 そしてここからが本番です 「完成したマペットを持って乳幼児さんと触れ合ってみよう!!」 と、簡単にはいうもののただ触れ合ってもつまらないので、 音楽な得意な職員と夏のアルバイト職員の協力を得て、 リズムに合わせた登場や自己紹介などの流れを考えます。 DSC08377 自己紹介は各々が作った人形の特徴と自分の得意な事を組み合わせ 「出っ歯が特徴のうさぎちゃんです♪ピアノが得意でこの歯を使って弾くんだよ」 「ぼくは耳の大きなネズミくん!遠くの音まで聞こえるから廊下を 走っている子がいたらわかっちゃうから走らないようにねー」 とユーモアも忘れずそれぞれ個性的な紹介が完成しました。   そしていざ乳幼児さんのお部屋へ。 ドアの前では緊張感が高まりながらも繰り返し自己紹介のセリフを 繰り返す中学生の2人。 緊張感や不安も伝わってきましたが、何より一所懸命さがしっかりと

gabapentin / furosemide 40 mg / doxycycline hyclate / http://furosemide20-40mgdosage.com/ / tadalafil best price 20 mg / cialis / sildenafil dosage / generic levitra / generic cialis / lisinopril / tadalafil generic / viagra side effects / buy viagra online / augmentin side effects

伝わってきました。   ピアノのリズムに合わせ揺れながら登場し、ご挨拶。   練習した自己紹介後はゆったりと触れ合いタイムを設けました。 DSC08383 DSC08381 緊張しながらも乳幼児さんと目線を合わせ関わろうとする中学生からは 自然と笑顔もあふれていきます。 乳幼児さんの親子も 「ほら、うさぎさんが来てくれたよー♪あ、ネズミさんも」 と中学生を温かく迎え入れてくれました。   10分程の触れ合いを終えると、音楽とともに終了準備へ… 中学生は人形だけでなく自分の自己紹介も忘れずにして、ご 挨拶。名残惜しくも終了となりました。 DSC08386 乳幼児さんも中学生も笑顔になり、参加した2人からは 「緊張したけど、楽しかったし、乳幼児さんとの触れ合いが 本当に楽しかったです♪」 と話がありました。 また 「ほんとは男子にも参加して欲しかったんですけど」 とも話があり、実は同じ部活の男子にも声を掛けてくれていました。 数名のグループで来館した男子は 「どんなのやってんの?」 などと制作している部屋を覗いては 「お前やれよー」 「やんないし、お前やりたいって言ってたじゃん」 と色んな気持ちが見え隠れしながらも結局 「恥ずかしいから」 と出演は断念。 やりたそうな顔も見えたので次回に期待したいと思います♪ お待ちしていますよ?男子中高生のみなさん(笑)   時間にすると短いものでしたが、中学生の2人にも、 そして参加いただいた乳幼児親子のみなさんにも良い経験になったと思います。 これをきっかけに普段の関わりからも中高生のお兄さんお姉さんと 小さい子たちの会話や触れ合いが増えたらなと思います。 欲を言えば、中高生がいつの日か親になる気持ちの芽生え、 そして未来のパパ・ママ育てや赤ちゃんとのふれあい事業といった 一歩先のステップへ広がり、繋がっていければいいなぁと思います。   児童厚生員 榎戸 勇太(8)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー