「第一生活クラブ 共同製作 みどりどうぶつえん」

日時:H27.8.24(木)10:00~17:00

参加人数:77名(夏の一時入所を含む)

場所:所沢市立みどり児童館  集会室

 

生活クラブでは、毎年夏休みの集大成として、各班でダンボールを使って
共同製作をしています。

第一生活クラブのテーマは、未来の動物を製作する事にしました。

実行委員が夏休みに入るとすぐ話し合い、各班で設計図を描きました。

DSC07652

 

「ダンボールで動物が作れるかな」

と不安そうな声が上がり始めました。

 

「動物に見立てて、中に入れる仕組みがあるのはどうかな」

「木の中に動物がいて、中で遊べるとか・・・」

ちょっとアドバイスをすると、溢れ出るように次々と
アイディアが沸いてきました。

「ふれあい牧場にしよう、エサも必要だよ」

「入場券も必要だね、入口はどうしよう」

どんどん子ども達のイメージが膨らみ、ワクワクしてくる感じが伝わります。

 

構想を練ったり設計図を描くのは3、4年生が中心ですが、
1、2年生でもできることを考え、役割を決めていきます。

 

8月24日から製作が始まりました。

ダンボールを使って製作する班、それ以外の小物を作る班に分かれて、
全員で取り組みました。

 

どんどん進めていく班もあれば・・・

 

「どうやって作ったらいいの?」

「色画用紙の端切れをはりつけよう、これなら1年生でもできるよ」

DSC08486

時には思い通りに出来ず悔し涙を浮かべたり、無言で製作し続けたり。

DSC08491

 

やっとできた!!完成です。

DSC08527DSC08539

DSC08531DSC08530

DSC08537DSC08533

DSC08536

 

では、マップに沿ってみどりどうぶつえんを、紹介しましょう。

DSC08640

 

「水族館」の班は、いるかにエサをやったり、ペンギンショーもあります。
小さい窓では入場券を売っています。

DSC08518

 

「パンダ」の班は、身体部分を作るのに四苦八苦。やっと、完成しました。
おみやげも売っています。

DSC08495

 

「ペガサス」の班は、身体の中に入って遊べるようにしました。
くじびきもあり、折り紙で作った景品もあります。

DSC08543

 

「森のリスたち」の班は、太い幹の中に入って可愛いリスと
遊べるようになっていています。

児童館のおもちゃの、【こえだちゃんと木のおうち】をヒントにしました。

DSC08524

 

「おばけどうぶつ」の班は、大蛇とキツネの嫁入りです。
蛇には仕掛けがあり、口が開いて手を入れると・・・・

ちょっと怖いです。ちょうちんのおみやげも売っています。

DSC08512

 

「海と森の動物」の班は、ライオンがいたり、ペンギンがいたり、
中に仕切りがあります。

エサやりの窓があり、さかなをもらいます。

DSC08526

 

「子馬の牧場」の班は、ふれあい牧場になっていて、
ニンジンを子馬のラッキー(班の名前からとりました)の口に入れると

もぐもぐ・・・食べるんです。工夫されています。

DSC08514DSC08521

 

いよいよオープンです。

DSC08638

 

テープカットは、各班の班長さん。

DSC08493

 

動物園では、迎える側とお客さん測に分かれて遊び、後半は交替します。

DSC08497DSC08511

自分たちで作ったお金を持って、入場券やエサを買います。

製作過程も楽しんでいましたが、お客さんをもてなすのも大好きな様子です。

 

手作りのおみやげを買ったり、くじびきで当たり景品をもらって大喜び。

動物園に+アルファお楽しみが含まれているのが、子どもらしいです。

 

第二生活クラブのお友だちも遊びに来ました。拍手で迎えます。

DSC08559

 

夏休みは楽しい行事がたくさんあり、数日前にお楽しみ会
ドッジボール大会やカレー作りがあったばかりでした。

第一生活クラブは選抜チームが勝ち、優勝旗を持ち帰り大興奮。
その後、直ぐにダンボール製作ができるのかなと不安でした。

 

しかしその不安もどこかへ。

子どもならではの集中力と創造力を働かせ、製作中に話しかけてもこちらの声は
聞こえないほど、みるみる出来上がりました。

好きな事に熱中できるって素晴らしいですね。

 

全員で協力して作って遊んだダンボール製作は、子ども達の良い経験になり、
夏休みの良い思い出の1ページを飾ったことと思います。

 

児童厚生員  滝口 浩子(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー