日  時:7月9日(土)10:00~15:00

参加者数:1691人(乳幼児316人、小学生675人、中高生89人、高校生2名、大人627人)

ボランティア75名

 

今年もやってまいりましたみどり児童館まつり!!

テーマに掲げた通り今年はたくさんの地域の方や団体さんにご協力をいただき大盛況となりました♪

 

早速おまつりの様子をお伝えしたいと思います。

 

オープニングは毎年恒例の「おみこしワッショイ!」

DSC01822

おまつり当日は生憎の雨模様の中でしたが、多くの方が玄関で開館を心待ちにしており、子ども実行委員が

「ワッショイ!ワッショイ!」

と声を出し、つられてお客さんからも

「ワッショイ!ワッショイ!」

と声が出て、スタート前からボルテージは上がり、いざ開館です。

 

おまつりのスタートはステージ!

今年のステージは一味違い、おまつりらしく地域の太鼓の会「鼓心の会」からスタートしました。

「ドンドコドンドコドドドンドン」

心地の良い太鼓のリズムが会場を盛り上げてくれました。

DSC01829 DSC01831

終了後には鼓心の会さんのご厚意で、30分間太鼓に自由に触れる時間を作っていただき、楽しめる工夫もありました。

実際に触れることで興味が高まったのか、後日実際に

「太鼓はじめたよ♪」

と児童館に報告に来た小学5年生の女の子もいました。

「まだ下手くそだけどね」

なんて話していましたが、来年の出演を期待しちゃいますね♪

 

続いてはもう定番となったみどりっ子合唱団の発表です。

DSC01865 DSC01866

今回は「いこうよ!じどうかん」「365日の紙飛行機」「小さな世界」の3曲を披露。

後ろの2曲は会場に貼られた歌詞カードを見ながら、一緒に歌ったり、口ずさむ小さな子もいたようで、来年は「こみどりっ子さん」の登場もあるかもしれませんね♪

 

 

さらに続くのは児童館で活動をしている「人形劇団はっぴぃー」による人形劇の時間です。

活動している子ども達が中心となった「クレヨンのくろくん オリジナルバージョン」を披露頂きました。

※写真がなく、様子を伝えられないのが残念ですが、乳幼児さんのコーナーでの活躍が下に続きます♪

 

ステージの合間には子ども実行委員による「謎解きゲーム」も実施。館内に貼られたヒントをもとに謎を解きます。

「赤、青、黄…キーン…舌が…」

「あーわかった!」

「正解はもちろんあれですね♪」

それぞれ楽しんで参加していました。

 

場所を移して、乳幼児コーナー。

DSC01846

こちらは「おほしさまをつかまえよう」

お星を3つつり、ほしにかかれたマークのお菓子と交換できるお楽しみコーナー

小さい子が星を釣りあげる度に、両親だけでなくお手伝いに来てくれていた東松山ソーレ・マーレの職員はじめ、会場のスタッフ全員が

「やったー!」

と拍手する光景は、とても微笑ましいものでした。

 

 

そしてステージで人形劇を披露してくれた「はっぴぃ―」さんは「新聞紙プール」を行ってくれました♪

ダンボールで囲った枠に新聞紙をビリビリに破いて入れ、プールにして遊びます。

DSC01832 DSC01833

ひろばによく来る、いつも活発な男の子はまるで本当の温泉につかるように新聞プールの中で嬉しそうにニコニコしながらじーっと動かず。よほど居心地がよかったんですね(笑)

また、逆に普段はおとなしい子がダイナミックに身体を動かし楽しんでおり、その様子を見たお母さんはとても喜んだりと大人気のコーナーでした。

はっぴぃーさんは人形劇の出演もあり、忙しい中でしたがはっぴぃーOBの大学生が残ってくれたり

ボランティアで参加してくれていた母子愛育班さんが手伝ってくれるなど最後まで楽しめるような協力が有難く思いました♪

 

そして毎年職員が行っていたお話し会には図書館の職員宮崎さんと戸田さんが来てれて例年を上回る盛り上がりでした♪

DSC01880 DSC01877

本格的な紙芝居はさすがの一言。でも、紙芝居の中では

「コックさんが作ったアメは何の味かな?」

と職員が子どもたちに聞いたところ、緑色のアメの時に

「キャベツあじ!」

と言った男の子がいて、皆で笑うなど和やかな場面もありました。

 

 

続いてはゲームコーナーです。

こちらはおまつり定番の射的や輪投げを楽しみながら結果に応じて景品ももらえるコーナー。

DSC01852 DSC01850

手伝いに入ってくれていた生活クラブ児童や中央校高校の高校生が、リングに輪が入る度に

「おーっ!」

と声を出しながら拍手をし、入らない子どもにも

「惜しい!頑張れ!」

と励ます姿は実際の学年よりずっとお兄さん、お姉さんに見えました。

また、中央高校からは先生も飛び入りでお手伝いに入って下さり、列に並んでいる方々に向けてマジックを披露してくれるなど自然におまつりを盛り上げていただきました♪

 

人気のヨーヨーつりはバージョンアップしてスーパーボールつりも増え、大好評でした。

DSC01855

こちらのコーナーには生活クラブ保護者のMさんがメインに関わっていただき、ヨーヨーつりに関わっていただくのは3年目で、既にベテランの域。(笑)

完璧に仕切っていただきました。

 

 

続いてはこども実行委員によるお化け屋敷「みどり学校」

企画からルール、仕掛など、子ども実行委員10名が本当に頑張って準備した力作です。

「え、怖い?怖い?」

などと言いながらも沢山の列ができ、泣き笑いありで楽しんでいただいたようです

中の様子は体験した人だけのヒ・ミ・ツ♪ですが、こーんなお化けたちが迎えてくれました。

DSC01861 DSC01858

終了後には達成感からか、実行委員のみんなから自然と拍手が起こり、入口で列の整理をしていた職員の田村さんも感動。

また、おまつり終了後も役に愛着がわきすぎたRさんは衣装を脱がずにウロウロ。嬉しい姿でしたが

「あー花子さん!!」

と花子さんの目撃談が各所であったとか。(笑)

 

最後は生活クラブの父母会のみなさんが主となって調理に販売に活躍してくださった模擬店コーナー。

DSC01878 DSC01870 DSC01845 DSC01843 DSC01839

今年は例年、即売切れの焼きそば・フランクフルトに夏定番のかき氷、ジュースに加え、新メニューのポップコーン!そして「どんぐりの家」さんのおいしい100円パンと豊富に揃え、数も増量。

ですが、あっという間に完売となりました。

協力いただいた保護者の皆さんに更生保護女性会のみなさんの手際はさすがで焼きそばの盛り付けは

「焼きそばの見た目、野菜のバランス完璧ですね」

と購入者の方から声が挙がる程でした♪

 

おまつりも終盤!再びステージへ戻ります。

ステージの最後はエンディングのお楽しみビンゴ!!

先着200名にビンゴカードを配布すると、一瞬で体育室がいっぱいになりました。

DSC01892 DSC01891

職員の中川さんからビンゴの景品が発表されると、会場の熱はさらにヒートアップ。

その熱におされるように抽選開始です。

抽選のボールを引いてくれるのは今回おまつりに協力していただいた方々。

DSC01902 DSC01905 DSC01895

図書館の職員や、生活クラブの父母の方々、子ども実行委員にはっぴぃーさんにスペシャルゲストに清進小の横須賀校長先生まで…校長先生の登場には子ども達も大盛り上がりで職員が

「まぁまぁ…」

と子どもたちを落ち着かせる程でした。(笑)

 

徐々に

「ビンゴ!!揃ったー♪」

と一人が名乗り出ると次々にビンゴ達成者が現れ、景品はすぐになくなり会場はがっくりムード。

 

するとそこに

「どーも♪」

と突然エビさん(和泉館長)とカニさん(北田職員)が登場。

DSC01918

「えっ!?」

「なになに?」

と会場がどよめく中、打合せてかのように自然とミュージックスタート♪(笑)

「ズンチャカズンチャ♪」

と流れ出したのは知る人は知る「エビカニクス」です

「エビ♪」

「カニ♪」

と楽しいリズムに合わせた簡単な踊りはついついつられて踊ってしまいます…♪

徐々に会場にも可愛いエビやお母さんカニが増え、みんなでレッツ!エビカニクスの始まりです(笑)

DSC01927 DSC01919 DSC01923

 

もちろんエビさんとカニさんの目的は踊るだけではなく、ビンゴで景品におもらえなかった子へのささやかなプレゼントを持参。

会場も大喜びで、素敵なエンディングでおまつりの終了となりました!

 

おまつり終了後…

今回はお世話になった方々にお礼の意味を込めて簡単な打ち上げを行いました♪

DSC01937

 

「かんぱーーい!!」

も早々に

「この後も片付けあるから言ってね!」

と力持ちのお父さんの優しい言葉。

「また来年もぜひ手伝わせてくださいね♪」

は父母会の方々。

「先生楽しかった♪」

実行委員やはっぴぃ―の子ども達はそんなことを話してくれながらゲームコーナーの景品選びに夢中。(笑)

 

今回のおまつりは本当にたくさんの協力をいただきながら、無事終える事が出来ました!

黒子として縁の下で動いた職員もしかりですが、お手伝いいただいた多くの皆さんには本当に感謝です!ありがとうございました!!

そして多くの方が感じてくれた

「おまつりに関わるのって楽しい♪」

という気持ちが、おまつりを楽しんでくれた方たちの

「楽しかった♪」

という気持ちぐらいみどり児童館にとって嬉しい言葉でした。

皆さんの気持ちをみどり児童館の財産としながら、来年も地域のみなさんや、たくさんの子ども達やその保護者のみなさんと一緒に楽しいおまつりを続けていけたらと思います!

また来年!多くのご協力とご参加を職員一同お待ちしています♪

 

みどり児童館職員一同より

児童厚生員 榎戸 勇太(12)

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー