日時:平成26年8月7日(木)14:00~15:00

参加人数:11名

 

みどり児童館では、4月から隔月で工作教室を行っています。

講師は吉田俊一先生で、吉田先生から是非みどり児童館で行いたいということで、

この工作教室が始まりました。

 

今月は、浮沈子を利用した工作を行いました。

浮沈子ってなんだろう…と思いますよね。

とっても不思議で楽しいおもちゃなんですよ♪

どのようにしてできるのか見てみましょう。

 

DSC04520②

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、講師の先生から説明を聞きます。

ここは、とっても重要な部分!!

ペットボトルの中に入れる魚型の醤油さし(ランチャー)がうまく浮くには、

どのような水の量が良いのか説明をしてくれました。

よ~く聞いていないとあとの作業が大変…

子どもたちも、先生の話をしっかりと聞いていました。

 

 

DSC04521②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04524② DSC04525②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラフルに色を塗る子、本物の海の様に絵を描く子…

「岩を描こう!黒でいいかな?」

「これ塗るの難しい!」

とペットボトルやランチャーに思い思いの色塗りや絵を描きます。

 

 

DSC04527②DSC04528②

 

 

 

 

 

 

 

 

模様が描けたら、ここからが本番です!!

ランチャーにナットを付け、水を入れたらちゃんと浮くかを調べます。

これがなかなか難しく、一度うまくいっても暫くすると沈んでしまい…

 

「あぁ~また沈んじゃった…」

「やっと浮いたよ~」

と先生と一緒に一番良い状態まで何度も試していました。

DSC04530②

 

DSC04529②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、水を入れたペットボトルの中にランチャーを入れ、

ふたを閉めたらすいすいペットボトルの完成!!

ペットボトルの真ん中部分を押すと、ランチャーが沈み、指を離すと上に戻ります。

これが、浮沈子なんです。

浮いたり沈んだりするのは空気の体積が関係しているそうです。

 

子どもたちは、嬉しそうに

「すごーい!!」

「先生できたよ!!」

と教えてくれました♪

 

DSC04532②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、「なぜ?」という気持ちや諦めずに繰り返し行う等、

科学あそびが取り入れられた工作教室となり、

子どもたちが『科学』に興味をもつ良いきっかけになってくれたのではと思います。

次回の工作教室でも、子どもたちの興味関心をだしてあげられるように

サポートしていきたいと思います。

 

児童厚生員 関根詩歩⑤

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー