日時:3月26日(月)14:30~16:00

参加者 乳幼児15組(子ども20名、大人16名) 小学生177名 ボランティア1名 計213名

久しぶりの更新は年度末のお楽しみ行事。
「みどりお楽しみ会」の様子をお伝えしたいと思います♪
3月は進級・進学もあり、別れのイメージが強いだけに児童館ではとにかく楽しい時間を過ごしてもらえればと例年計画・実施しています。

入口では恒例の作りたてポップコーンにジュースをプレゼント。
「空けていい?」
「飲んでいい?」
フライング気味に聞いてくる子どもたちからは既にウキウキが伝わってきます(笑)
会場には200名を超える親子や子どもたちでギュウギュウ。

そんな中最初のプログラムは…
「みどり児童館あるあるクイズ」
事前に撮影した動画をもとに児童館でよくある光景をクイズにしてみました。

まずは乳幼児さん編。
土曜日、日曜日には沢山の親子がやってきてお父さんの姿も多いみどり児童館。
仕事で疲れていても沢山あそんでくれるお父さんの動画が流れストップ!

「さて、このあと起こるあるあるはなんでしょう?」

「けんか!」
「ブー」
「いなくなる!」
「ブー」
正解は…で動画が再開。
すると豪快に床に寝ているお父さんの姿が映り

「あははー」
会場には笑い声が広がります。いつもあることではないですが、こうして寝てしまうぐらい夢中で子ども達と全力で遊ぶお父さんの姿があるのも事実です(笑)

他にも
なにやら女の子が喧嘩中…男性職員が仲裁に入ろうとすると
「こなくていい!自分たちで解決できるから」
と良く言われるあるあるや、おもちゃ貸出では
貸出名簿の名前覧におもちゃの名前が記入され、よく名前が「マン・カラ」になるなど…
様々なあるあるクイズを楽しみました。

こちらのクイズは事前の動画撮影を快く承諾してくれた親子さんや、お母さんたちとの入念なリハーサルの撮影に臨んでくれた小学生家族。ノリノリでやってくれた生活クラブの児童など本当に沢山の協力あって実現したもの。
本当に感謝でいっぱいです!ありがとうございました♪

のんびりしたところで、次のプログラムは「タッカさんとのメダル争奪バトル」
羽生くんをはじめとした日本人選手の活躍がまだ記憶に新しい平昌五輪にかけてみどり児童館にもメダリストに来てもらいました。
地域のボランティアとして活躍されているタッカさんこと高柳さん!

残念ながら直前の試合(仕事)で怪我をされてしまい今回は松葉杖をついての登場でした。

まずはタッカさんから簡単なクイズ。
「みんなは自分達の住んでいるところちゃんと知っているかい」
と埼玉県の地図から所沢を探す問題。
これが意外と当たらず、思いがけず地元を知る良いきっかけになりました。
また、オリンピックにかけて五輪の色当てクイズもしてくれました。

さてここからはいよいよ競技スタート。
冬季五輪を彷彿とさせる3種の競技を用意しました!

まずは手作りのスケート靴を履いて勝負!「3メートルスケート」

会場から3名の代表を選出し、よーいドン!

会場からは
「頑張れー」
と声援もとびますが同時に
「ゴール」
決着も一瞬です(笑)
着順で表彰台に上がって即席表彰式。

1位にはタッカさんより金メダルを授与。
会場から健闘をたたえて拍手がおくられました。

2種目目はチキチキカーリング
「そだねー」
のセリフとメダル獲得で一躍脚光を浴びたカーリングを再現。
机上でやる簡易版です。
勝敗も簡単。4名の代表がじゃんけんで決めた順番で1投ずつストーンを投げ、サークルの中央に近かった人が勝ちです。

幼児さんは2名ともに加減が難しくストーンは机の外へ。
一騎打ちは小学生2名の勝負となりました。
「いけー!頑張れ―!!」
人柄なのかより多くの仲間の声援におされて登場したY君が見事な力加減で中央付近にナイスショットで勝負は決しました。

どのスポーツも応援の力は大きいなと改めて感じる場面でした♪

最後の種目は「ぐるぐるポージングフィギュアスケート」
ぐるぐるバットの要領で10回周って指定のポーズ!一番カッコよく決めた人の勝ちです。
会場のみんなで
「いーち、にー、さーん」
一人だけ
「回るの早くない?」
と突っ込みをもらっている子もいましたが、ふらつく児童をよそにビシッとポーズを決めた女の子が優勝となりました。

続いてはちょっとお楽しみ♪
「職員によるパフォーマンスショー」
今回は「生活クラブ本館」「生活クラブ別館」「児童館」の3チームに分かれて色んな出しものを用意しました。
生活クラブ本館チームは名作「寿限無」をホワイトボードシアターで披露。

有名なあのセリフでは会場の子どもたちもつられて
「寿限無、寿限無…」
と思わず一緒に口ずさんでいる姿がなんとも可愛いものでした。

別館の職員チームは「お絵かきリレー」

子どもから出されたお題をリレー方式で繋ぎ、最後に書いた人から絵を見せて会場の子どもたちに答えてもらいます。
「野球ボール」
「ブー」
「では次の絵!」
「あ、わかった!バスケットボール!!」
「ピンポン♪」
職員の画力が試される場面でしたが、終始楽しく終えました。

最後は児童館チーム。
ゲストと中継を繋ぐ形で画面に呼びかけると…

中継先のあの人や、みんながみた事あるあの方々が登場(笑)
会場のみんなにも盛大に笑って頂きました。

最後のお楽しみはちょっとした景品を懸けたお楽しみビンゴの時間。
待ってましたとばかりの子どもたちのキラキラした目。早速スタートです。

200人近い人がいればビンゴも早い!
「揃った―!ビンゴ」
景品は3つに対して続々ビンゴ達成者が…。

しかし景品が少々幼児向けだったことも手伝ってか
「わたしいいよ、欲しい人にあげて」
と素敵なお兄さん、お姉さんたちの姿がありました。
景品は見事好きなお友だちに渡り、譲ってくれたお友だちにはジュースを贈呈し、大満足で終了。

楽しい会はあっという間。笑顔いっぱいの会場でした。
次回はまた一回り成長した子どもたちや新しい仲間で楽しい時間がやってくるかなぁ…と期待してしまいます。
もちろん4月からの新年度も皆さんをお待ちしています♪

児童厚生員 榎戸 勇太(4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー