日  時:9月27日(火) 16:00~17:00

参加者:乳幼児1組、小学生12名 計14名

 

 

恒例となったみんなであそぼうタイム!!

9月は「カプラ」をテーマに遊びました♪

 

カプラといっても奥が深く、児童館では過去「高さ積み」を実施。

体育室のバスケットゴールを越える記録が出たこともありました。

また、普段の遊びでは好きなように組んで建物を作ったり、友だちを囲ってみたりと人気のカプラ。

 

しかし、公式ホームページには他にも色んな遊び方が満載。

今回は動画で人気の「ナイアガラ」そして「1本積み」を行ってみました。

 

まずは「ナイアガラ」

まずは規定の並べ方でカプラを積んでいくところから始まります。

とにかく地道に…。

今回は400個のカプラを積み、完成したのがコチラ。

DSCN0154

ここからがようやくナイアガラのはじまり

一番端の一本を抜くと…

 

端から滝のように崩れ落ちていきます。

※動画を投稿予定でしたがデータの容量が大きくできませんでした。

(興味のある方はYouTube「カプラ ナイアガラ」で検索してみてくださいね)

 

崩れゆく姿が有名なナイアガラの滝に似ていることから「ナイアガラ」と名付けられたとかそうでないとか。

綺麗に崩れ落ちるカプラに遊びに来てくれた乳幼児の親子さんからは

「すごいですねー」

小学生は

「先生ちゃんと動画撮れた?」

と感動より先に撮影できたかの心配。(笑)

 

続いて1本積み。

こちらは単純明快でカプラを縦に繋げて何本積めるかの遊びです。

遊びといってもホームページで調べたところ日本記録は8本で9本積めば世界記録!

「えっ!マジ?出来そうじゃん」

とどこか身近な数字が自分でもできると思わせるようで次々と挑戦開始。

DSCN0156 DSCN0150

「3本できた」

「見て見て!5本」

「あー揺らさないで6本目いくから…あぁー」

なんて事を繰り返し最高記録は5本。

途中で

「2つのカプラで挟みながら立てるといい感じ♪」

「あえてずらしたらどうか」

など子どもたちならでは工夫やアドバイスをし合う姿もあり素敵でした。

あっ!

「5本ぐらい簡単じゃん?」

そう思ったそこのアナタ。

やってみてこそ分かる難しさ、是非挑戦してみてくださいね♪

 

さて、なかなか伸びない記録に

「横にしたら何本積めるかな?」

と素朴な疑問を持ったMちゃん。すると瞬く間に横積みでの競い合いが始まりました。

DSCN0157

「15本いけたらすごいかも」

の職員提案に次々

「10本できた」

「11本、12本」

「…14本きたー!!」

と記録更新。

DSCN0158 DSCN0159

最終的には14本まで届いた児童が2名という結果でした。

 

予定では30分の予定でしたが

「もっとやりたい」

の声に30分延長。最後まで記録更新に向け夢中の子ども達でしたが片付けの時間。

 

片付けは1年生から6年生まで全員で協力して行いました。

10本ずつの束を作って、200で1箱。

「10、20、30…」

と1人が箱に入れていくと

「私も手伝う!」

「10、20、30…」

「あれ?30入れて30増えて…何個?えっと…」

こんな子ども同士らしい可愛らしいトラブル続出。(笑)

そんなこんなで無事片付け、終了となりました。

 

後日

「今日も記録に挑戦してみるね!」

とカプラの箱を抱えた○Mちゃん。

「1本積み6本できたよー」

と嬉しそうに報告してくれました♪

事業への参加自体は少なく、ちょっぴり残念でしたが、子どもの日常のあそびに広がっていく様子は職員としてもとっても嬉しく思います。

 

児童館から子どもへ。

子どもから子どもへ。楽しい遊びがさらに広がっていくことを願いたいと思います。

 

児童厚生員 榎戸 勇太(14)

 

 

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー