日時:H28.3.22(月)15:00~17:00

参加人数:   27名

場所:新所沢コミセン会議室1・2、所沢市立みどり児童館別館 和室

 

今度最後の将棋教室は、

ボランティアのYさんや緑寿荘の方々を相手に団体交流戦を行いました。

その名も「みどりとうきち杯」

 

所沢には、

江戸時代に福泉藤吉(ふくいずみとうきち)、

明治時代に大矢東吉(おおやとうきち)という、

それぞれの時代に活躍した将棋士がいました。

今回の交流戦はそのふたりの名からとりました。

 

将棋をする子ども達にとって「二人のとうきち」は憧れの人。

とうきち杯と名がついたことで、

とうきちさんに近づくべく子ども達の闘志に火が付いたようでした。

 

緑寿荘の方々と対局する選抜メンバーを決め、

その他の子ども達は学校対抗で戦います。

 

今回の交流戦会場はコミセン会議室で行いました。

会議室にはすでに緑寿荘の方々がスタンバイ。

そこへいざ出陣!

 

会議室2では緑寿荘との対局!

DSC03692DSC03697

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、会議室1では学校対抗の対局が始まりました。

DSC03696

 

 

 

 

 

 

 

 

会議室2の様子ですが…

いつもは和気藹々とした雰囲気で大人との対局を楽しんでいる子ども達ですが、

今回ばかりは子どもも大人も真剣。

DSC03695

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、早々に対局の結果が出始めました。

…というのも、

昨年は引き分けという結果だったので、

今年は大人たちも負けられないという思いがあったのでしょう。

あっという間にあちこちから子ども達の

「参りました」の声が。

 

でも、子ども達は納得。

というのも、子ども達は緑寿荘の方々の将棋のレベルがとても高く、

真剣に対局したら「かなわない」ということを

心のどこかでわかっていたのだと思います。

それでも、この1年の成果を試したい…!その一心で対局に臨んだのです。

だからこそ、お情けで負けてもらってもちっとも嬉しくないということを

子ども達は心得ているのです。

 

そんな中、副将のKくんとKさんの対局が白熱。

なかなか勝負がつきません。

DSC03707

 

 

 

 

 

 

 

 

学校対抗戦の方も勝負がつき、

対局を終えた子ども達が会議室2に合流。

 

緑寿荘の方々にいつもの調子で

「一緒に将棋してください!」

と、すっかり交流戦の緊張もとけて楽しそうに将棋をする姿がみられました。

DSC03704

DSC03702

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしている間に…

副将同士の対局は1時間半かかってやっと勝負がつきました!

 

表彰式は児童館別館に場所を移して行いました。

 

今年度の交流戦優勝は…

緑寿荘チーム!7-1の圧勝でした。

DSC03711

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、子ども達には敢闘賞を。

DSC03712

 

 

 

 

 

 

 

 

学校対抗戦、北小VS清進小の対局結果は…

4-4の引き分けでしたが、

大将同士の対局で清進小が勝ったということで、

勝敗は清進小の優勝となりました。

DSC03708

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張った北小の子ども達にも敢闘賞を。

DSC03710

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも

H27年度最後の将棋教室ということで、各賞の発表をしました。

後期10月~3月まで全部参加したお友だちには

後期皆勤賞。

DSC03716

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今年1年間の将棋教室全12回に参加したお友だちには年間皆勤賞。

DSC03715

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ賞状をもらい、とても嬉しそうでした。

 

各賞の発表の後は、交流会。

1年間の感想などを言ってもらいました。

DSC03718DSC03721

 

 

 

 

 

 

 

 

Rくん

「この1年間で、1年生も2年生も3年生もみんな強くなりました。

来年もがんばります」

Yさん

「将棋は5手、7手先ではなく、3手先を読めれば十分。

これからも将棋が強くなるようがんばってください」

など、様々な感想が出ました。

 

今年度は月1回、将棋教室がありましたが、

毎月のように参加してくれる子ども達も多く、

徐々にレベルアップしていく子ども達の姿がありました。

今年度の将棋教室は今回で終わりですが、

早速「4月の将棋教室はいつですか?」と早くもやる気満々。

 

また来年度も子ども達が将棋に親しめる機会を作っていきたいと思っています。

 

保育士  北田 奈巳 (4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー