日時 :2月13日(火)

参加者:第一生活クラブ69名 第二生活クラブ77名 計146名

場所 :みどり児童館 別館 体育室

 

毎年恒例となっている、生活クラブ腕相撲大会。

第一生活クラブと第二生活クラブで分かれて

学年別・男女別の優勝者を決めます。

各生活クラブで優勝した選手同士が

『生活クラブ合同腕相撲大会 決勝』に出場できます。

 

まずは各生活クラブの代表となるべく

生活クラブ内での優勝を目指します。

昨年度はあっさり負けた優勝者相手に拮抗した試合を見せたり

他者を寄せ付けない圧倒的な力で相手を捻じ伏せたりと

どの学年の試合にもドラマがありました。

 

 

そして迎えた13日。

優勝した子どもは全員休まず集合しました。

ルールの確認後、すぐに試合へ移行します。

 

最初は1年生の試合。

会場の雰囲気を掴む大事な初戦となります。

男子も女子も1年生の試合とは思えない

力強い勝負を繰り広げ、会場は盛り上がります。

 

 

次は2年生の試合です。

この日を楽しみにしていた代表4名の戦いです。

楽しみにしていただけあって、入場時から

勝ちたいという気持ちが全面から出ていました。

選手だけでなく、それを知っていた仲間たちも

同じ気持ちで応援をしました。

 

 

次は3年生の試合です。

第一生活クラブは最高学年の登場です。

期待で声援が大きくなります。

第二生活クラブは昨年は予選で負けて

悔しい思いをした2名が代表として出場。

敗れた昨年度の優勝者も2人に大きな声援を送ります。

両生活クラブの声援は凄まじいもので

少し離れた本館まで声が届きそうな程でした。

 

 

最後は4年生の試合です。

第一生活クラブには4年生がいないので

第二生活クラブの決勝を行いました。

 

4年生男子2名が入場します。

昨年の相撲大会もこの組み合わせで

互いに強いという事は周知されている為

第二生活クラブだけでなく、第一生活クラブからも

「おぉーーー!」

と歓声が上がります。

2人は含みのある笑みを浮かべていましたが

手を組むと空気が変わりました。

開始と同時に強い力でぶつかりあい

最終戦にふさわしい試合となりました。

 

終了後は表彰式です。

優勝者は『生活クラブ最強』の称号と賞状を授与します。

  

 

ここからはエキシビションです。

優勝者は自分より1つ上の学年の優勝者に挑戦できます。

強者への挑戦という気持ちでほとんど優勝者が挑戦しましたが

小学生の1学年差は大きく、どの試合も上級生が勝利しました。

 

 

次年度は今年度に負けた相手に勝てるように頑張ろうと話すと

深く頷く子どもが多く、次年度への意気込みを感じました。

 

代表選手は強い気持ちと腕の力で戦い

みんなは声援で代表の選手を支えました。

次回の生活クラブ合同レクリエーションは

綱引き大会を予定しています。

今年度最後の合同レクリエーションとなるので

今回以上に頑張ってもらいたいと思います。

 

放課後児童指導員 宮寺 章太(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー