日時:H29.8.2(水)

参加人数:第一生活クラブ  59名

場所:所沢市立みどり児童館児童室

 

みどり児童館第一生活クラブでは、毎年夏休みに共同製作を行っていますが、

今年は少し趣向をかえて、

所沢名物のうどんをみんなでつくることにしました。

 

 

前日に

各班のリーダーたちが秤を使って粉を計量しました。

目線を秤と平行にして、メモリをしっかり確認します。

「あと少し」

「ス、ストップ!」

「あ~、過ぎちゃった~」

正確に量るのはなかなか難しいことを実感しました。

   

 

さて、当日

朝の会が終わると、早速身支度、

手順の説明を聞きました。

 

昨日用意した粉、塩をリーダーたちが各班に運びます。

水の量も正確さが大事、

美味しいうどんを作るため、しっかりと計りました。

みんなの顔も真剣な表情です。

   

材料がすべて揃ったら、

さあ いよいよ、うどん打ち開始!

こねる!こねる!こねる!!

   
 

 

「一人10回ずつね!」

順番にこねる班もあれば、

「ウォ~」

と、力自慢の上級生が真っ赤な顔で頑張る班もありました。

 

でも、どこの班も

「これでいい?」

と、持ってきますが

「う~ん、もっと頑張れ!」

と、なかなかOKは出ません。

そう、うどん打ちは大変な力仕事なのです。

 

粉が一塊になってきたら、次は足で踏みました。

ビニール袋を二重にして、時々中の空気を抜きながら、

力を込めて踏みしめていると、

あらら、不思議!?

一塊の粉が、段々つやつやしてきてきましたよ。

 

「これでいいですか?」

汗を拭きながら持ってきた班にやっと合格が出ました。

打ち終えたものは冷蔵庫に寝かせます。

どの班も負けじと頑張り、全部の班に合格が出ました。

 

 

さて午後は、いよいよ仕上げのうどん切りです。

 

各班の上級生たち(2年生以上)が、打ち終えた順番に作業に取り掛かります。

まず、打ち粉を振りながら、塊になっているうどんの生地を薄く平らに伸ばします。

ラップの芯のめん棒を使って、力を入れてコロコロ、コロコロ

少しずつ広がっていきます。

薄く広がった生地を屏風状に折りたたみ、

今度はまな板のところに移動します。

 

ここでタッパーのふた登場!

ふたを使って押さえながら、包丁で細く切っていきます。

「手を切らないように!」「しっかり押さえてね!」

 

 

そうこうしているうちに

班毎にうどんが茹で上がりました。

 

「うわー、熱い!」

ゆでたてうどんの熱さにびっくり。

「先生、茹でたの?ありがとう」

ちゃんと感謝の気持ちを忘れない子どもたちです。

 

 

器に盛りつけるのも自分たちでやりました。

 

 

待ちに待ったおやつの時間

「おいしい!」と大歓声

 

中には

「かたい~」

「なにこれ?太過ぎでしょ」

と言う声もあり、笑いに包まれました。

 

 

初めての活動だったので、

保護者の方の関心も高かったようで、

「今日どうだった?」

「ふんづけたんだよ!」

「うどん、おいしかった?」

「うん!おかわりしたよ」

親子の会話が弾んでいました。

 

 

放課後児童支援員 髙橋 美佐子(2)

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー