8月6日(水)、11:00~12:00

当日、人形劇の来場者は、 幼児131人、小学生82人、保護者104人 合計317人でした。

 

今年も夏休みの大きなイベント、人形劇団による人形劇を実施しました。

昨年は、日本の話だったので、

今年は劇団【貝の火】をお招きして

「ピノッキオの冒険」と「おしゃれなカラス」を上演しました。

 

沢山の子ども達に楽しんでもらえるよう館内掲示や口こみで事前案内もしました。

楽しみにしていた子は、待ちに待った!!という感じで朝早くから来館・・・。

 

会場は、こども館2階、武道場の第一体育室。

会場を朝から作り、受け入れ準備をして、

受け付けは10:40開始・・・続々と集まり始め、

『今年は、昨年より来てくれるといいなあ。。。。。』

と願いながらお迎えしました。

受け付けはスムーズに出来、ホッとしていた時、

「すみません、靴はどこに置けばいいですか?」

という声が。

 

ふと気付くと下駄箱がいっぱいに、、、

2014-08-06 10.57.45

 

 

 

 

 

 

 

 

急遽、新聞を敷き詰め靴置き場を作りました。

 

 

開始5分前、近隣の学童クラブのこども達が引率の先生2人と20人余り見に来てくれました。

開始前には、体育室内は満員状態。

 

2014-08-06 11.10.34

 

 

 

 

 

 

 

子ども達は、まだかまだかと、ワクワク・・・!!!

 

上演中のお約束を話した後、

子ども達と一緒に

「も~い~かい?」

「も~いいよ~!」

の合図でいよいよはじまり。

 

はじめは、15分と短い物語「おしゃれなカラス」 でした。

始まってすぐに、前列で人形劇初体験の1・2才児の男児2人が急に泣き出し、

大丈夫かな?と様子を見ていると、

巧みな話術でクジャクや、鷹、白鳥と色とりどりの鳥が登場した途端、

2人共ピタッと涙が止まり、

食い入るようにじーっと見て、物語に引き込まれていました。

 

1本目が終わり、劇団員さんと一緒に次の物語を見る前に、、、簡単な体操をしました。

「腕を上に伸ばしてぇ~」

「はい、ダラ~~ン」

緊張して見ていた子ども達、保護者の方達にも笑顔が…

 

いよいよ「ピノッキオの冒険」が始まりました。

たった2人で演じていると思えないほど声を変えストーリーが進んでいきました。

 

時に、

「ねえねえどっちに行った?」

の問いかけに

子ども達は、

「あっちー」

「うしろうしろー」

ピノッキオと子ども達が一緒になった瞬間もありました。

 

後半はウルっと涙が出そうなシーンがあったり、

最後は、手拍子をして一緒に歌を歌って終わりました。

 

終了後、残った子ども達と一緒に記念撮影!

 

会場の外まで出て、お見送りをしてくれました。

その途端、ワーと子ども達に囲まれ、さよならをしてくれたゼペット爺さんとピノッキオです。

そして、

一緒に

「はいポーズ」

と記念撮影をする子、

 

はじめに泣いた男児、Tちゃん、

最後はピノッキオをギュッ!と抱きしめるほど気に入ってしまいました。

。。。が、この後、今度は

「離したくない」

と大泣き・・・・・可愛い一コマでした。

 

 

終了後、こども達の感想は、

「楽しかったね!」

「鼻が伸びたりして面白かったー」

「クジラの口大きかったよ」

などの声が聞こえてきました。

 

保護者の方達は、やはり巧みな声の使い分けのすごさを絶賛する声が多く

来年もまたお願いしようかな?と思いました。

 

おかげさまで、過去最高を記録する人数でした。

来年もまたご期待に応えられるような物語を選択したいと思いました。

暑い中、足を運んで下さった皆さん、ありがとうございました。

 

保育者  西本 美佐江 (2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー