川口市による青少年ボランティア育成事業は、

次代を担う青少年のボランティアへの関心と活動を

高めることを目的に行われています。

夏休みには、

小学生対象の「夏休みこどもボランティアサロン」

川口市内在住・在学・在勤の中学生以上で概ね25歳までの方が対象の

「青少年ボランティアスクール」が行われます。



今年度より、当センターでも「青少年ボランティアスクール」の受け入れを行いました。

休館日を除く7月23日~8月10日の13日間(1人3日間)

中高生のお兄さんお姉さんが7人がボランティアに来てくれました!


ボランティアに来てくれた中高生は、

「HPを見てここでボランティアをしようと思いました。」

「小さい弟がいるので、自分は小さい子と遊べると思いました。」

「小さい子と接するのは初めてです。」

「第1希望でした!」

「希望通りではなかったけど、ここでボランティアをしようと思いました。」

と様々な気持ちで来ていました。


また、3日間でどんなことをしたいかと聞くと

「仲良くなりたい。」

「一緒に遊びたいです!」 という答えが返ってきました。

ボランティアの3日間の・・・生徒さん達のお仕事は、

ひろばでのお子さんとの関わり

館内消毒・清掃

サークルタイム(帰りの会)でのお楽しみ

特技を発表

最終日のお楽しみの「さかなつり」(手作りさかな作成) です。

まずは、最初のお仕事!!

来館者の皆さんに自分を知ってもらう自己紹介カードの作成です。

センター入口に掲示しました!

そして、ひろばに参加。

目線を合わせて・・・


ちょっぴりドキドキの様子・・・

サークルタイム(帰りの会)で

手遊び披露!! 


遊具の消毒も頑張りました。


来館時につける名札(ネコちゃんバッジ)の作成も。


土曜は、ベランダで「たらいで水遊び」も一緒に!!





2、3日目は、生徒さん達の、それぞれの得意な事を披露して頂きました!!

即興の紙芝居と指人形のお楽しみです!

ママ達からは沢山の拍手。



絵描きうたも・・・

「ドラえもんになっちゃった!!」
ママ達も真剣。


手作りの紙芝居です。

ボランティアスクール中に、自宅で作成したとの事です。
クオリティーの高さに、子どもも、ママ達も釘付けです!!



3日目は、和室にて「さかなつり」のお楽しみ!

生徒さん達は、毎日毎日、みんなのためにコツコツ作成してくれていました。

可愛いお魚や、タコやエビ、ウニまで・・・

ドキドキしながら参加する子。












「つれた~!!!」



何回も何回も、チャレンジする子

和室に来られない子のために、「出張さかなつり」も。



優しく接してくれた中高生。

ママ達も笑顔!

参加した中高生は

「3日間、楽しかったです。最初は緊張したけど、

お母さんたちも優しかったから緊張しなくなりました!」

「小さい子に楽しんで貰えたり、笑ってもらえるのは嬉しかったです」

「皆の前での手遊びは恥ずかしかったけど、みんなが一緒にやってくれて嬉しかった!!」

「近所に2歳くらいの子がいて普段から遊んでいたので活かす事が出来ました!」

「また来年来たいです!」

「成長できた気がします!」

「将来を考える機会になりました!」

素晴らしいですね!! 

後日・・・

ボランティアのお兄さんお姉さんがいない!と探し回る子もいました。

ママからは「とっても楽しかったみたいなんです!また来年来て欲しいです!」

とのお話も頂き、子ども達にとって、とても楽しい時間だったようです。



このボランティアスクールを受け入れたことで、

親御さんにとっては、日頃、なかなか関わることの無い中高生と関わり、

将来の我が子の成長した姿の青写真を見る機会に

中高生にとっては、小さな子達への慈しみの心が育まれ、自分も親から沢山の愛情を受け、

大切に育てられていた事を知る機会になってくれたら・・・

と思っています。


センター職員一同、多くの笑顔に出会えた事が、何よりうれしく思います。

ボランティアの中高生が作ったお魚達の一部は、

夏の間、センター内の廊下で皆様をお迎えしています。

チーフ 増子 順子(12)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
megasloto