【日時】12月7日(水)10:30~11:30

【参加者】来館7組 オンライン5組   計12組25名

12月の子育て講座は、

ベビーサインパパアドバイザーの武田さんによる

「ベビーサイン体験会」を、来館・オンライン同時開催のハイブリッド形式で行って頂きました。


「ベビーサインは、お子さんが自由にジェスチャーをした物を読み取る事ではなく、

 大人が言語として教え、お子さんが学んで習得する物です。

 つまり・・・言葉を上手く話せない赤ちゃんと手話やジェスチャーを使って、

 コミュニケーションする育児方法です。」



ママ達は真剣です。

その後、

生活の中で使うベビーサインを実際に行ってみました。

オンラインの方も一緒です!!


おふろ

 両手をグーにし胸の前でゴシゴシ

食べる

 配膳された料理を手でつかんで口に持っていく。

みなさん上手ですね!!



「ベビーサインはのメリットは・・・

  ➀ストレス軽減(泣いている理由が分かる)

  ②健康と安全に役立つ(アチー!のサインで危険な場所を知らせる)

  ③親子の絆が深まる(赤ちゃんの気持ちが分かる)

  ④コミュニケーション能力を育てる(会話が出来て楽しい!)

    絵本の読み聞かせに、サインを入れながら読むと楽しいですよ!!」

次に歌で、身近な動物のサインを学びました。



参加してくれたお子さんも一緒です!


おっぱい

もっと

おしまい

りんご・ねこ・いぬ・・・・

沢山のサインにチャレンジしました!!

質問では・・・

「いつごろから始めるのですか?」

「自分の体を自由に動かせられる様になり始める生後6ヶ月~2歳頃まで。

 2歳過ぎると言語でのコミュニケーションに移行していきます。

 1年半の間のコミュニケーションツールですね。

 物の概念を早く習得するので、言葉も早く習得していきますよ!」



「もっと、おしまい、が分かるだけでも、食事が楽に楽しくなりますよ!!」

頷くママ達・・・

最後はありがとう、バイバイのお歌

「ありがとうのサインは投げキッスです。

 もーこれをされると、パパは何でもやっちゃいます!(^^)!」

 と、目尻を下げる武田さんでした。

みんな笑顔で投げキッス!!



参加者の皆さんから

『子どもとの意思疎通の取り方を知ることが出来、パパにも教えたいです。』

『ベビーサインを知らなかったので、今後生活の中で取り入れていきたいです』

『言葉が話せずイライラして怒る事が多くなった娘に、ぴったりの内容でした。

 食べるやおしまい、を、日常から使う事から始めていきたいです。』

「実際体験は初めてでした。どうして泣いているのかと精神的に辛くなる時もありますが、

 娘と笑って楽しめる時間が多くなるといいなと思います。調べて使っていきたいです。』



赤ちゃんとのコミュニケーションが図れ、家族の笑顔が増える・・・ベビーサイン体験講座。

武田さん、素敵な講座をありがとうございました!!

※講座中、オンライン参加者の皆さまには不具合が生じました事・・・心からお詫び申し上げます。

センターの配慮不足でした。次回は、十分考慮していきたいと思っております。

チーフ 増子 順子(20)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
megasloto