【新しい子育て支援センターを目指して再開!】

3か月半の臨時休館を経て6月15日から再開しました。
マーレ再開のための準備を紹介したいと思います。

子育て支援センターを利用するという事は家庭にいるよりはどうしても感染リスクが高くなります。
できるだけ感染リスクを下げるためには検温や手洗い手指消毒など
利用者の方の協力とセンター内の最大限の消毒が必要です。

大きく変わったことは
9:30から16:30を3回に分け1日1回2時間の利用になった事です。
(15組の利用という人数制限もあります。)
入れ替え制で、間の30分で館内の消毒などを行います。

来館時の手順はまず、玄関前で並んで頂き非接触型体温計で検温します。

風除室内では手指の消毒しながら掲示した「入館についてのお願い」と「受付でのお願い」を見て
受付のやり方を確認してもらいます。
玄関に入ると事務室がありますが受付場所以外はビニールシートを貼っています。
透明なシートだけでは圧迫感があるので季節の飾りをしています。

受付では利用者カードの確認時に利用者さんと距離が近くなるので
クリアボードでつい立てをしています。
カードのやり取りを減らすためにお帰りの際にはカードの提示をなくしました。

受付横のカウンターもビニールシートを貼っています。
こちらはおさかな模様です。

消毒コーナーです。手指やおもちゃ消毒用のシートなど設置しました。
手指消毒は館内7か所設置しました。

臨時休館中に館内のコーナーを見直し密集しないコーナー作りをしました。
木のおもちゃコーナーは一度に遊べる組数は2組の想定です。

大型遊具の裏側にもちょっとしたコーナーを作りました。
静かに遊べそうです。

ままごとコーナーです。手作りの台所を作り2か所に増やしました。
冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機など揃っています♪
最大4組が遊べる設定です。

 

荷物を入れる棚には2色のテープをはり時間ごとに使用する棚を決めています。
これによって間隔もあける事ができ半分ずつの消毒ですむので効率が良いです。

ぬりえや折り紙、季節の製作を楽しむお部屋です。
1テーブルに1組の親子の設定です。
粘土は中止にしています。

これは別日の様子です。
19組の親子が遊んでいます。
間隔をとって遊べるように小さなあそび場を出来るだけ多くセッティングしています。
「離れて、離れて」と言わなくても良い環境作りを考えました。

再開から3週間経ちました。
利用する方も私たちスタッフも人数制限や時間制限など新しいやり方に慣れてきたと思います。
不自由な中でも少しでも楽しい時間を過ごせたらいいなと思います。
これらか梅雨が明け夏休みが来ます。
季節や状況が変わっていきますが、それに合わせて柔軟な環境作りと
対応を少し先を想像しながら準備したいと思います。

保育士 平塚千寿加(1)

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー