日時:令和2年2月25日(火)11:00~
場所:ソーレきりん1
参加人数:9組18名

杉浦さんによる『絵本の読みかたり』が行われました。
まずは、杉浦さんお得意のオカリナの演奏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

♪ 北風小僧の寒太郎
ひなまつり
春よ来い                  ♪  の3曲でした。
冬から春へと季節のうつりかわりを音色で感じられました。

今日の絵本は6冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

おべんとうばこのうたの絵本の後には手遊びを取り入れ、みんなでおいしいお弁当を作りました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もりのおふろでは、「ごしごししゅっしゅっ」という繰り返しの音も楽しみました。
杉浦さんにお話を伺いました。
読みかたりをするにあたって意識することはどんなことですか?
「絵本を選ぶところを1番意識しています。
図書館やインターネット、雑誌等から最新の情報を収集し選んでいます」
ということでした。

また、「早口にならないよう注意している」というお話がありました。

 

絵本にふれることは、
言葉を覚える・集中力がつく・コミュニケーションが深まり絆が増す・想像力が育つ
と言われています。
読み手は、脳の前頭前野という部分を活性化させる脳トレになるそうです。

毎月行っているので、ぜひ参加してみてください。

保育士 倉林敬子(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー