6/24、月に一度の「みんなで遊びましょう」。

この日は、ボランティアの「みんなで歌おう かぜ」のお二人が七夕のパフォーマンスを
してくださいました。

ボーカルのせっちゃんさんが七夕祭りの由来をパネルシアターで説明してくださったあと、
みんなで笹の葉に短冊を飾り付け。
お子さまへの思いを願い事にこめ、色とりどりの短冊ができました。

そしていよいよコンサート!

1467459460915

 

1467459447691

 

曲目はミッキーマウスマーチ、小さな世界、たなばたさま、きらきら星、
ゆりかごのうた、ふるさと、幸せなら手をたたこうの七曲。

スピーカーから聞こえてくる生ギターはさすがの迫力です。

歌詞カードは配られましたが、中国のかたが多く、なかなか一緒に歌うのは難しく、
手拍子をうちながらの鑑賞でした。

曲がきらきら星になったとき、
「次の曲はご存じだと思いますよ。是非ご一緒に歌いましょう」と声をかけましたが、
皆さんぴんとこないご様子。

その時、ギターの九官鳥さんがメロディーをポロンポロン♪
とたんにみなさん笑顔で大合唱!

言葉はお互いわからずとも、音楽は万国共通だな!と痛感しました。
と同時に、こちらの文化を分かってもらおう、知ってもらおうと思うことも大事だけれど、
共通項を見つけてそれを一緒に楽しむことが安心感を生んでお互い楽しめるんだなということを
再発見しました。

最後は「幸せなら手をたたこう」で、みんなでパチパチ。
楽しくフィナーレでした。

「みんなでうたおう かぜ」のお二人、本当にありがとうございました。

終了後、中国人の方から
「七夕と小さな子供になにか関係があるのか?」
との質問がありました。
「日本は四季がはっきりしているので、季節を感じる遊びをこのひろばでも大事にしています。」
と答えると、納得されたように笑顔で帰られましたが、私たちにとっては当たり前の
「季節の行事を遊びにも取り入れる」
ということが当たり前でない場合もあるんだと改めて感じました。

1467459486177

1467459477343

1467459469701

 

芝園公民館のひろばは中国のかたが多く、言葉が通じないこと、元々の考え方が違うことが多々あります。
でも、ジェスチャーや英語(ほぼ単語ですが)を交えたり、
日本語が分かるママに通訳していただいたりしながら、日々繋がりを感じています。

目に見えないあたたかさが溢れている芝園公民館のひろばに、是非遊びに来てくださいね。

また、「みんなでうたおう かぜ」のお二人はクリスマスの頃また来てくださる予定です。
お楽しみに♪

保育士 鈴木美奈子(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー