子育て力アップ講座 〜あんなこと 知りたい こんなこと やってみたい〜

=子育て講座 子どもをわかってあげるってどんなこと=

 

1月21日火曜日 昼下がり

神根西公民館にて開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は、蔵持 康子先生(元保育士)

今回の子育て力アップ講座には16 名のママさん達がご参加くださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

始めに今日のテーマについて先生が実際に経験した例をあげて説明。

その後成長に応じた自我や接し方についての話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつか紹介します。

☆「イヤイヤがないと自我が目覚めない」

自分なりのつもり(ルール)は大人や周りとぶつかる→自分は他人と違うとわかる。(自我の目覚め)

☆「前頭葉の発達は“口”から感じておこる」

だからなんでも舐める。

☆「子の感情の出口を作る」

親の表情や表現を見て感性が磨かれる。

☆「”甘えさせ”と”甘やかし”は違う」

欲求を代弁するのは”甘やかし”ではない。

大人の都合で行うことは”甘やかし”

子どものつらい、寂しい、悲しいを受け止めて安心感を充電することは”甘えさせ”

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てに参考になる絵本の読み語りもありました。

「いいこってどんなこ」

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

「ちょっとだけ」

 

その後の質疑応答では、ママ達が日頃困っている事や悩んでいる事など、思いの丈を打ち明けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に先生の素敵なコカリナの演奏にみんなウットリ!

(私も聞き惚れて写真撮るのを忘れてしまいました。)

 

「素敵な講座で心があらわれました。」

「子どもとの接し方、向かい合い方とても勉強になりました。」

「子ども目線、子どもに寄り添う事たくさん考えさせられた1日でした。」

など、たくさんの感想をいただきました。

 

次回の子育て力アップ講座は来年度です。どうぞお楽しみ!

みなさんのご参加をお待ちしています!

 

保育士 千葉朋子(2)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー