「乳幼児のための食育講座」公開研修会

11月28日金曜日、並木公民館にて、野村由美子講師をお迎えして行われた。

お子さんをひととき保育に預け、離乳食に毎日奮闘しているお母さん方の真剣なまなざしを感じた。

2014112815060000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは調理室にて、簡単ホワイトソース・たっぷり玉葱のスープ・パンプキンクッキーの作り方を教えていただく。先生のワンポイントアドバイスや時短のコツ等、とても役立つ話しにメモを取る姿が多く見られた。
その後、待ちに待った試食タイム。

各テーブルから

「おいしい!」

の声があがり、あっという間にみなさん完食されていた。
次に講座室に移り、講義を伺った。

先生の卒乳体験談には

「大変だったんだな」

と思いながらも、子どもの気持ちを聞いてあげることが大切だというメッセージは伝わっただろう。

また、

「離乳食は中期が大変だが、子ども食の方が長いので、気負わずに頑張ってほしい」

という先生からのアドバイスに励まされた参加者だった。

質疑応答では、丁寧に具体的に応えていただき、

「困った!どうしたらいいの!!」

がスッキリ解決したように見えた。
お子さんを迎えに行かれる参加者の後ろ姿に、

「先生のアドバイスを参考にして、肩の力をぬいて頑張ってほしいなあ。」

と感じた。

保育士
下向弘子 ②

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー