7月のお誕生日会に劇遊びをしました。

お話は、誰もが知っていて、内容が分かりやすい“おおきなかぶ”です。

かぶを押し入れに潜ませ、
物語の中心となるおじいさんとおばあさんはスタッフが演じ、
孫娘や犬、ネコ、ネズミの役を親子の方にお願いして、
自由に参加出来るよう声をかけて、アドリブ満載の劇を楽しみました。

初めは、お母さんの隣で目を丸くしてお話を聞いていた子ども達でしたが、
うんとこしょのかけ声が繰り返される度にだんだん慣れてきたのか、
呼ばれると、待ってました❗と言わんばかりに
嬉しそうに近づいて来て一緒に引っ張ってくれる姿が見られました。

ookinakabu

最後に
“うんとこしょ、どっこいしょ。”
のみんなのおおきなかけ声で、かぶを抜いた時には、
“わぁ~‼”
という歓声が起こりました。

参加された方から楽しかったとの声をいただきました、
ご協力ありがとうございました。

森田和恵(保育士)(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー