幼児安全法講習会
講師   日本赤十字社埼玉支部
押元氏、中村氏

2名の講師をお招きして講習を受けました。

今回は特に、一次救命処置を重点的にご指導いただき、スタッフは幼児へのAEDの使用方法を1人1人実習しました。
乳幼児の一次救命処置とは…
心肺蘇生やAEDを用いた除細動など、心臓や呼吸が停止した傷病児を救命するために実施する緊急の処置のこと。気道にものが詰まり呼吸が場合、そのまま放置すれば、やがては心臓も停止してしまうので、それを取り除くことも含まれる。

 

IMG_2749

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2988

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9609

 

 

 

 

 

 

 

 

気道異物の除去
特に子どもの事故で多いのが誤飲。
乳幼児は何でも口に持って行くので、のどに異物がつまったら急いで手当てを!
背部叩打法と腹部突き上げ法を実習

IMG_3465

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4716

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にバンダナとストッキングの身近なもので、止血、傷の場所の保護の仕方も教えていただきました。

本日の講習で教えて頂いた事は現場で使う事の無いのが一番ですが、万が一の場合すぐに動けるようスタッフは一同真剣な表情で取り組んでいました。
講習会のみで終わらせず、繰り返しシュミレーションをする。テキストを見返すことが大切だと感じました。

おやこの遊びひろば 保育士
佐藤和子

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー