五月、芝西公民館は、小さなお友達でいっぱいです。

ある日のお片づけの時、みんなで仲良くお母さんを待って
カーペットの上でコロコロ何かお話をしているようです。

62

そこにやってきた小さなお姉さん、

赤ちゃんがいっぱい、
そして、私はいつの間にお姉さんになったのかしら?

小さな赤ちゃんから、小さな子どもへ、
成長のステップを登る体験をしているのかもしれません。

見ている側は、
ここにいてくれてありがとう。
幸せなひと時をありがとう。
そんな言葉に包まれたひと時となりました。

保育士 橋本久枝

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー