ファミリー応援企画

~パパ力アップ!子育てを楽しんで、家族が笑顔に‼~

「めざせ☆親子遊びの達人」

講師:大熊良太氏(所沢市立わかば児童館館長補佐)

講師:小松将人氏(保育士)

 

7/21(日)の10時~12時、戸塚公民館3階ホールにて開催されました。

お二人の講師の方から、家族で子育てを楽しむヒント、たくさんいただきました!

 

まずは、パパ力とは?ご参加パパたちへインタビューをして、家庭の方に気持ちが向いているかどうか…

考えるきっかけからのスタートです。

大熊さん自身の家事・育児の体験談や、普段の仕事:児童館が子育てに必要な施設であり

安心して子どもと一緒に遊びに行ける場所、積極的に利用してほしい、とお話してくださいました。

 

アイスブレイク~大熊さんがタンバリンを鳴らして『お茶をのみに♪』

みんなで輪になり、お近くの親子で自己紹介です。お名前を聞いたり、年齢を聞いたり、手をつないだり。

初めての経験に緊張しつつも、出会いを楽しんでいるパパ達の笑顔たくさん見られました。

 

育児休暇取得についての説明では、様々なパパの思いも聞けました。

「休暇中です。」とのパパ…「休暇前、自分はママと子どもとは別の部屋で眠っていましたが、

休暇中の今、ママと子どもと自分で川の字に寝ています。

子育ての大変さを知り、あの時のママの気遣いに感謝しています。」との声や、

「これから休暇を取りたいと思っています。」との声がありました。

 

おすすめ絵本として、大熊さんのお子さんのお気に入りをご紹介や、

読み語り『おべんとうバス』リズムよく、テンポよく実演もいただきました。

 

第一部のまとめとして、ドキドキの♡妻からの通信簿♡の発表もあり、

参加者の皆様にも是非お試しください~と、ご家族の絆を深めるツールとしてお配りました。

 

 

そして、小松さんにバトンタッチです。

第二部は、パパならではのダイナミックな動きで遊びましょう。

「ちょうちょ」、「ぞうさん」の曲に合わせてストレッチをした後、

パパが子どもを抱っこしてひざの上で跳ねさせる「ポップコーン」のふれあい遊びを楽しみました。

手作りボードを使った「どんな色がすき」も口々に色を言って楽しんでいる子の姿が見られました。

 

上手でなくていい、パパやママがすることは、子どもにとってとても意味のあることなので

楽しく出来たらいい、その言葉をかけられて自分も楽になったとお話してくださいました。

参加のパパ達もうなづいており、お言葉が響いたのだと思います。

 

最後に本日参加されたみなさんに渡されたハートの折り紙、

パパからママへでもいいし、ママからパパへでもいいのでメッセージをどうぞとのことでした。

講座を受けたほんわかした気持ちを忘れないで楽しく子育て出来るといいですね。

大熊さん、小松さん、ありがとうございました。

保育士 森田和恵(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー