おやこの遊びひろば 公開研修会 「子育て力アップ講座」

6月20日(火)上青木公民館1階コミュニティホールにて、
『おやこdeリトミック』が14時から開催されました。

① 一人でお座り~1才6ヶ月児対象クラス

親子でいろいろな動きやスキンシップを通して音楽を楽しむ講座のスタートです。
講師は、リトミック研究センター認定講師「シナモンリトミック」主宰の鈴木美奈子先生です。
『“リトミック”とは…音楽教育を始める前に身体で覚えてもらおうというのがはじまりの情操教育。
スキンシップが日常生活の助けや    幼児教育の場面でも取り入れられる。』
との説明がありました。

いよいよリトミックの親子体験です。

うた『あげたりさげたり』
母のひざに子を座らせて、歌いながら子の手や足を持ち上げ下げしたりを繰り返す。
最後の♪きりがない~♪の歌のところで笑い声が響きました。

ピアノの音に合わせて、身体を左右に揺らす。
音が止まったら「あれー?」と親子で顔を見合わせる。
音が止まるたびに、笑顔があふれました。

ピアノの音の違いを聞き分けて、
肩を『トントン』したり、
身体を『ツンツン』したり、
手のひらで『パタパタ』したりする。
→音を聴いて考え感じて動くことを楽しむ姿がみられました。

『さんぽ』の曲にあわせて、
母と一緒に円をえがくように、 抱っこで参加や手をつないで歩いたり走ったり、
ひざを曲げて「よいしょよいしょ」と山登りのように歩きました。
ピアノの合図で「回れ右」や、穴に落ちるように「どーん」としゃがむ。
→ピアノの低い音にビクッとしながら慌てて母にくっつきしゃがむ子もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「海に到着したよ~」と抱っこや子の脇を抱き上げ足をブラブラ
ゆったりとした音はやさしい波「波がきたー」とチャプチャプ揺らす、
激しい音は大きな波で動きも大きく揺らす、
「1.2.3~」たかいたかいで海を出る。
→母も子もとっても嬉しそうに身体を動かしていました。

 

 

 

 

 

 

布を使って『いないいないばぁ』わらべうた遊び
→透けて見えるカラフルな布から、母の顔が見えるので安心して遊んでいました。
ピアノがそよ風のような音色では布をユラユラと揺らす、
雷のような時には大きく上下に揺らす。
木の笛の音色はまるで汽車の走る音のよう…布を車輪のように動かして大喜び。
「手に布を持って遊ぶ子には転ばないように、布を小さく畳んで渡すとよいですよ。」
と、講師から声掛けがありました。

最後は、ウクレレの音色 ♪ まるをつくりましょう~のうたに合わせて、
皆さんで大きなまるに広がったり、小さなまるに集まったり
参加者全員で一体感を味わい、リトミック体験の終了です。
「楽しかった~!」「あっという間でした!」「またやってみたいです!」などなど…
眠ったままの子を終始抱っこしての参加母にも満足されたご感想が聞かれ、ホッとしました。

是非、ご家庭でも試して遊んで下さいね。活かしていただけると嬉しいです(*^^*)

保育士 木村美紀子(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー