令和3年11月1日   (月)

おやこの遊びひろばの研究会がzoomで行われました。

 

1.しあわせの共有

 

2.コミュニケーションワーク+会社より

 

3.チーフより

 

4.事例研究

 

5.協議、連絡事項

 

6.11月の手遊びの紹介

 

7.スタッフ研修  蔵持康子氏

 

 

「親を支援するって?」

昨年は「子どもをわかろうとすることが大切」と言うテーマで誕生からイヤイヤ期頃までの発達や置かれた状況や関係、子どもの気質からの視点のお話を伺った。

 

今年のテーマは「親を支援するって」みなさんと一緒に考え共有したいこと〜いろいろ〜

 

〈ライ麦の話〉

大河の一滴  五木寛之著

 

〈シンパシーとエンパシー〉

ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー ブレイディみかこ著

 

2冊の本から、ダメな人間なんていない、他人の立場に立って話を聞く。

同じようでも同じでない、相手が主体であるがままを支える。

 

〜良寛和尚のことば〜

すべてのことばはしみじみ聞いてしみじみ言うべし

 

提案、提供された物は本人の物ではない。

今話した事で相手がどう思っているか考え、並走し相手の話をそらさない事が大切。

そうだったのかと受け止める。

 

スタッフからの質問

 

絵本            「だいじょうぶ だいじょうぶ」

コカリナ

 

蔵持氏のお話の後、ロールプレーにて、相談者、聞き役に別れて困っている事の相談

 

ロールプレーの感想から

○聞き上手になりたい

○明るい笑顔ーうれしい

○勉強になった

○優しい話し方を目指したい

○話す事によりつっかえていたものがとれた

○話し手の表情の大切さ

などの感想が寄せられた

 

コロナ禍で人との関わりが少なく、心の中に不安を抱え吐きだす事ができない、誰かと話したい、

そんな方たちに寄り添えるひろばを目指し、新たな気持ちと笑顔で日々努めていきたいと思う。

 

保育士 長瀬弘子(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー