こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

9月17日(木)

ほっぷくらぶ(0~1歳)・・・・10時~10時50分

すてっぷくらぶ(1~2歳)・・・11時~11時50分

 

今年度からの新事業ほっぷくらぶ・すてっぷくらぶ、新型コロナによる休館日・イベントの自粛により、5か月遅れのスタートとなりました。感染防止のため予定より定員を少なくしての開催となりました。

 

以前からあった幼児教室の名称を“じゃんぷくらぶ”に変更し、0~1歳のほっぷくらぶ⇒1~2歳のすてっぷくらぶ⇒2歳児のじゃんぷくらぶと赤ちゃんの頃から切れ目なく参加できるように事業を増やしました。去年度から保護者の方たちに「来年は小さい子向けのイベントが増える予定なんですよ」とお話していたこともあり、定員(7組)を超える申し込みを頂きました。

 

今月のテーマは“ふれあい遊び”です。

体操♪みいつけた♪ ♪さんぽ♪(すてっぷのみ)

<ほっぷ>お子さんを抱っこしたまま、前後左右に揺れたりジャンプしたりして踊ります。お母さんが軽くジャンプをするとその振動にお子さんたちはニコっと笑顔を見せてくれました。

<すてっぷ>1~2歳のすてっぷさんは、親子で手をつないで踊ります。音楽に合わせてお母さんと歩くだけでお子さんたちはニコニコ!中には上手にスタッフの動きを真似て踊っている子もいました。

 

お名前よびではお返事の後にお子さん・お母さんの好きな秋の味覚をインタビュー。

<ほっぷ>お母さんの好きな秋の味覚の他に「この前初めて子どもに梨を食べさせたら食感が合わないみたいで食べませんでした」という話がありました。お子さんにとっては初めての秋、おいしいものにいっぱい出会えるの楽しみですね。

<すってぷ>お子さんの好きな秋の味覚はブドウが大人気でした。短い時間でしたが秋の味覚の話を通して親子同士の交流をすることが出来ました。

 

 

ふれあい遊びでは、歌に合わせてお子さんをお膝にのせてゆらゆらしたり、体を触ったりスキンシップを楽しみました。

<ほっぷ>♪ピポパポでんわ♪では、親子で電話ごっこ。「もしも~し〇〇ちゃんですか?」とお母さんがお子さんに顔を近づけて笑うと、お子さんも笑顔で答えます。

<すてっぷ>お母さんのお膝に座っての手遊びでは、ママやスタッフの動きをジーッと見ている子、小さな手で一生懸命に真似をする子など様々な楽しみ方で参加してくれました。

 

最後は絵本とパネルシアターの時間。

<ほっぷ>絵本『たまごのあかちゃん』に合わせて「こんにちは」と挨拶をします。スタッフの声の後にお母さんの優しい声が響きました。

<すてっぷ>パネルシアター『いないいないばあ』に合わせていないいないばあ遊びを楽しみました。次々に出てくる動物たちに興味津々、スタッフの問いかけに「うさぎさん!」「ぞうさん!」と答える子どもの声も聞こえました。

 

最後は♪さよならあんころもち♪に合わせてみんなで終わりのご挨拶。

 

7組という少人数での開催だったので、スタッフもゆっくり皆さんと関わることが出来ました。抱っこしたり、高い高いをしたり…お母さんたちのご協力もあり、お子さんたちの素敵な笑顔を見ることが出来ました。

来月のテーマはミニミニ運動会です。引き続き少人数での開催となりますが、皆さんのお越しをお待ちしております。申し込みが必要です。詳細はホームページやセンターだよりをご覧ください。

 

保育士  上田真奈美(7)

日時:9月14日(月) ほっぷA 6組 ほっぷB 9組

9月17日(木) ほっぷⅮ 11組

 

親子ふれあいランドのカリュキラムの中でも特に人気のある消防署見学が中止となり、

お母さんも子どもたちもがっかり・・・。

それならば、と言うことで消防士ごっこあそびをすることにしました。

「みんな、消防士さんはどんなところへでも火を消しに行くからいつもレスキュー訓練をしているんですよ。

みんなも訓練をしましょう」と、ごっこあそびが始まりました。

まずはレスキュー訓練。

平均台を渡ったり、跳び箱を上り下りしたり、フラフープをジャンプしたり、遊具が訓練に早変わり!

お母さんに少し手を引いてもらいながら進んでいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は1人ずつ消防自動車とともに火を消しに行きます。

消防自動車はスタッフ手作りです。こどもたちの喜ぶ顔がみたくて頑張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防自動車から銀色のホースが伸びて水が出るタイプと風が出るポンプタイプです。

「これ、作ったんですか?すごいですね~」とお母さん。

子ども達も早速消防自動車を引いて火が出ているところに駆けつけ消火活動をします。

ちびっこ消防士がホースを出して火を消して、無事火を消すことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「〇〇ちゃんかっこいいねー」とスタッフが言うと、

「うちのおじいちゃんが消防士なんです!」

と言う方もいました。

今回本物の消防士さんには会えませんでしたが、ちびっこ消防士の雄姿が見られてよかったです。

 

芝児童センター  保育士  中村葉子 (4)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー