こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

10月17日(日)13時から、遊び体験クラブの活動がありました。

子ども7名、大人7名で参加しました。

 

今回の活動テーマは「自然観察をしよう」ということで…

さいたま緑の森博物館に行ってきました!

 

ですが・・・この日はあいにく雨が降ってしまい、土もぬかるみ歩きにくかったり、気温もグッと下がって寒い中での屋外活動になりました。

けれど、クラブ員にはあまり関係なかった様子で、早く集合場所に到着したクラブ員は

 

「何見るの?」

「何をするの?」

 

とスタッフに質問攻めです。(落ち着いて)他のクラブ員も普段とは違う場所での活動もあって、何か特別感のようなものも感じているようでした。

 

今回ガイドして下さったのは、さいたま緑の森博物館インタープリターの坂本さんです。

クラブ員にコースや自然観察ポイントの場所などの説明や、「太っちょ細っちょのどんぐり選手権をするためのどんぐり探しをします!」とお話をして、出発しました。

 

自然観察ポイントでは、「お星さまのような形の赤い花」「いんげん豆のような植物」「展望台」の3か所をまわりました。特に驚いたのは、お星さまのような赤い花のクサギの観察です。

夏に白い花を咲かせ、秋になると赤い花へと色が変わり青い実をつける不思議な花です。その実をこども達がつぶしてみると手が青く染まりました。

 

「染色の材料として利用がありますが、日光にとても弱いものなんです」

「葉っぱをなでてみて下さい、クサギの由来は葉っぱが臭いからなんですよ」

 

と坂本さんが説明。クラブ員は「きれいな水色!」「ほんとだ!手が青くなっちゃった!」「面白~い!」とその不思議なクサギに興味津々でした。

 

最後に訪れた展望台につく頃には、すっかり雨はあがり綺麗な青空が広がっていました。

 

受付に戻ると、いよいよ拾ってきたどんぐりで「どんぐり太っちょ細っちょ選手権」です!

みんな自信満々!どんぐりをテーブルに広げます。

 

「これが一番だと思う!」

「うーん、これはどう?」

「どっちの(どんぐり)がいちばんかな?」

 

と保護者も含めて真剣なまなざしで、一番太っちょ細っちょのどんぐりを探しました。一番になった子に「すごーい!」とみんなで拍手して称えました。

 

締めくくりは、自分たちで一生懸命集めたどんぐりを使って、どんぐりやじろべいとコマづくりです。初めて体験するクラブ員もいて、穴をあける所で悪戦苦闘~!(がんばれ~!!)頑張ったかいがあって、お辞儀をする面白いやじろべいや、早く回るコマなどが完成しました!

 

活動前は「天気も悪いし時間を短くしようか」と話してましたが、なんと!予定通り2時間丸々活動が出来きました。

雨が降っていると少し憂鬱な気持ちになりそうなものですが、子ども達は森の中で水たまりを発見すると、その中を長靴で思いっきり歩き。木にかかるツルを引っぱり離して、たくさんの雨の雫を落として遊んだりと、雨だからこそ体験できる貴重な時間を過ごすことが出来ました。

 

遊び体験クラブは、我々スタッフの大人も「楽しい」と思える活動です。

大人も「楽しい」と子ども「楽しい」「嬉しい」と感じる。そんな体験が出来るクラブと考えて活動しています。

 

来年度もクラブ員を募集致しますので、是非遊び体験クラブに来てくださ~い!!

 

 

中田 愛永(1)

日時:10月2日(土)14:00~15:00

参加者:小学生7名、ボランティア2名

 

あすぱるでは、CHANGアジアの子供財団の皆さんのご協力の下、「アクセサリーを作り海外のお友達に届けよう!」というイベントを8月に行いました。

 

10月からは「あすぱる子ども大学」としてレギュラー化し、引き続き東南アジアの国々やSDGsについて学んでいくことになりました。

 

こちらが出席カード。

 

 

 

 

 

 

 

 

クイズ用のスタンプカードもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お話の中で出されるクイズに正解するごとにスタンプ1つ獲得。

3回正解すると東南アジアの国を1か国まわれます。

さて、いくつの国をまわれるかな…?

 

今回は、8月のアクセサリー作りの参加者の中から、7人の小学生が参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、CHANGの斉藤さんからラオスに関するクイズです。

 

「ラオスはこの地図の中のどこでしょう?」

「暑い国でしょうか?寒い国でしょうか?」

「ハイハイハイ!」

 

クイズが出ると同時にみんなから一斉に手が挙がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

正解した子は、嬉しそうにスタンプを押してもらっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにクイズは続きます。

 

「ラオスの国旗はどれでしょう?」

「ハイ!」

 

4年生の男子が手を挙げ、見事正解!

 

「よくわかったね!」

「スタンプカードに書いてあったよ。」

 

そう、スタンプカードの2か国目がラオスだったのです。

 

「あ、本当だ…よく気付いたね!」

 

子どもの観察眼にビックリした瞬間でした。

 

ラオスは人口690万人の国で、埼玉県(730万人)と同じくらいなんだそうです。

埼玉県と似ている国だと思うと、何だか身近な国に感じられますね!

内陸にある国のため、海がないのも埼玉県と同じです。

 

「ラオスの人に海の写真を見せると『きれいですね!どうやって作ったのですか?』と言われるんですよ。」

 

これには子どもたちも

 

「えーっ!?」

 

と驚きの表情を浮かべていました。

 

ニューヨークタイムズ紙で「世界で一番行ってみたい国」に選ばれたこともあるラオスですが、実際には貧困や飢餓が大きな問題となっています。

貧困と飢餓は、SDGsの1番と2番で取り上げられている問題でもあります。

 

ラオスでは4人に1人が1日135円しか使えない生活をしており、年間1万人の子どもが小学校を辞めなければならなくなっているそうです。

 

「例えば募金をする、消費期限に気をつけて食品のロスを出さない…といったことも貧困と飢餓の解決に繋がります。」

 

と、斉藤さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

どの子も、真剣にお話を聞いています。

その後ろ姿を、お父さんお母さんたちが頼もしそうに見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の皆さんでも、SDGsのためにできることはたくさんありそうですね!

 

子どもたちに、今日のお話の感想を聞いてみます。

 

「SDGsに詳しくなった。」

「自分でもできることがたくさんあると思った。」

「また参加してみたい!」

 

ひとりひとりがSDGsについて考え、自分にできることを見つけることができたようです。

 

あすぱる子ども大学では、これからも東南アジアの国々とSDGsについて楽しく学ぶ活動を定期的に行っていく予定です。

次回のテーマは「東南アジアのクリスマス&お正月とSDGs」について。

東南アジアのクリスマス・お正月は日本と同じかな?違うのかな?…どんなお話が聞けるのか楽しみですね!

 

児童厚生員 田中永幸(6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
bola deposit pulsa Sbobet www.illion.com situs khusus judi slot online judi online slot casino live skor
Situs BandarQQ Terpercaya
judi bola slot pragmatic situs judi bola situs judi bola pragmatic play judi bola Situs Slot TOS885