こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

三郷市立早稲田児童センター「たこづくり」

日 時:令和5年1月6日(火)11:00~11:45、14:30~15:15

場 所:体育室



新年最初のイベントのテーマは、日本の伝統的な正月遊び「凧(たこ)」。

午前は幼児さん、午後は小学生がたこを作りました。

どちらの時間も、室内でもとばせる小さいたこです。



幼児さんは風船たこと、八角形のたこを作ります。

風船たこの風船には、干支にちなんで うさぎさん の顔になる用にシールを貼りました。

ちょうちょやカブトムシの折り紙をひもに貼って、完成です。

幼児さんの力でもぷかぷか浮かびましたね♬

長すぎるとうまく飛ばないので、紐を結んで短く調節するといいですよ!

うさぎさんの耳や目、お口をぺたぺた
かわいい風船たこのできあがり!


















八角形のたこのおもて面はみんなにお絵描きしてもらいました。

いろんな色でお絵描きする子、自分のお名前を書く子、みんな上手に描けました。

お母さんに手伝ってもらって後ろにストローを貼ったら、早速とばして遊びましたね♪

姉妹や兄弟できていた子たちは、弟妹の作業を兄姉が手伝ってあげていて

お兄ちゃんお姉ちゃんの優しさを感じました。

かっこよく描けましたね!
姉弟でなかよく作っています




















小学生は三角形のたこと、幼児さんと同じ八角たこを作ります。

三角たこに必要な材料はコピー用紙と毛糸とタコ糸だけです。

はさみでちょきちょき、三角の上の部分だけ折り返して、糸をつけたら…

骨組みが無くても、軽い力で飛ぶ凧の完成です!

まっすぐ切るのは難しい作業ですが、みんな丁寧に切れましたね。

まっ直ぐに切れるかな?
走ってとばしてみました!



















八角たこは幼児さんより作業が増え、最初に正方形を作るところから始まります。

A3コピー用紙を正方形に切り、残った長方形はおもりとして後で使います。

途中で3等分に折り目をつけるのですが、

何度も確認しておる子や 定規で測って正確に3等分にする子など、やり方にも個性が出ていました。

八角たこは少し走るだけですい~~とあがります。

中にはエアコンの風を利用して飛ばす子も。

真ん中の正方形の空洞がきれいな90度だと良く飛びます。

室内でも十分とびますが、ぜひ外や公園でも試してみてください!

丁寧に折り目をつけて…
エアコンの風で、びゅーーーん


















途中、小4のお姉さんたちが小3のお友達に作り方を教えてあげる姿が見られ、

自然と異学年交流の場にもなっていました。

学校や学年を超えて仲良くなっていく子どもたちは、

イベントが終わった後も一緒に遊んでいるのをみて、私まで嬉しくなりました。

今年もいろいろなイベントを開催しますので、ぜひ参加して楽しい思い出を作ってくださいね♬

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



児童厚生員  関 千知 (1)

みなさんは高等学校で金融教育がスタートしたことをご存知でしょうか?

法律の改正で成人年齢が18歳となったことなどが理由だそうですが、

これからは家庭で子どもとしっかりお金の話をする必要がありそうです。

そのきっかけになればと、某保険会社さんのご協力で「子どもに教えたい お金の教育セミナー」を初めて開催しました。

講師としてファイナンシャルプランナーさんに来ていただき、セミナーに参加されたのは、主に小学生をお持ちの保護者の8名で、皆さんとても熱心にお話を聞いていました。

今回は、子どもに直接教えるのではなく、保護者に日頃の教え方や取り組み方を学んでいただく内容でしたが、

その中でも、年齢に応じてお金の使い方や貯め方などを学ぶ方法はとても分かりやすく、私も15年くらい前に聞いていれば家庭で実践したいものでした。

講師のお二方には、セミナー終了後も、個別に参加者の相談に乗っていただき、参加者にとってはとても有意義な時間だったようです。

お金は自分自身に一生付きまとうもので、とても重要なものにも関わらず、なかなか学ぶ機会がないものでもあります。

今回のご縁を期に、引き続きこのような機会を設けていきたいと思います。

ちなみに次回は「ライフプランニング」をテーマに開催する予定です。

吉野勝(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

 
megasloto