こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

【日時】 4月18日(月)10:20~11:00 (Zoom内)

【参加者】 4組

南鳩ヶ谷地域子育て支援センターでは、コロナ禍の中

オンライン講座を月1回行っています。

4月は「タッチケア」の講座でした。

講師は、Ohanaデイリータッチケア協会代表、デイリータッチケアセラピストの

石井ちあき先生です。

タッチケアでのふれあいの、嬉しい効果とは・・・

穏やかなリズムで優しく撫でてさすると脳内から「オキシトシン」という愛情ホルモンが出て、

情緒の安定、愛着形成、そして良質の睡眠が出来ることです。

「お子さんに『タッチケアはじまるよ~』、と声を掛けてから始めてくださいね~」と

石井先生の、ゆったりと優しいお声で、始まりました。


先生は、ころーんと仰向けに寝ころんだお人形さんで、見本を見せて下さいます。

ママ達は画面越しに我が子と向き合います。

真剣かつ優しいママたちのお顔が見えました。

手首や足首を持って開いたり閉じたり、曲げたり伸ばしたり・・・

ママの手で胸のタッチし大きなハートを描く・・・

おへその下を時計回りクルクル・・・

足のマッサージやタッピング・・・



参加している子どもたちはコローンと、ねんね・・・気持ちよさそうです。


赤ちゃんの便秘については、普段の排便の回数との差、機嫌、食欲、見ましょう。

便秘になってしまったら

ママの手でおへその周りを時計回りにクルクル・・・

10:00~3:00の方向になったら圧を掛けます。

かかと1センチ上位の所をタッピング。

クリクリ刺激するのも効果的。

便秘の赤ちゃんはかかとが固いのだそうです。

赤ちゃんが寝付けない時は、

末端に血流が集まる様、足を上から下にさする、足先マッサージを。

安眠は光の調節が大事。

朝日を浴びて14時間後に眠くなるホルモン(メラトニン)が分泌するそうです。

7:00には朝の光りを浴びたいですね・・・とお話は進んでいきました。

あーっという間の40分でした!!

参加して下さった方の感想です

・子育ての息抜きになりました。楽しかったです!

・アットホームで発言しやすかったです。

・リアルタイムでお話が聞けて良かった。

・他のお母さんとの交流が出来るように今度、支援センター伺います。

と嬉しいお話を頂きました。

次回の「オンライン講座」は16日に行います。

管理栄養士による~夏に向けての簡単離乳食の進め方~です。

多くの申し込み予約を頂いています。

まだ、参加出来ますので、これからのお申し込みもお待ちしております!!

チーフ  増子 順子(7)

日時:4月30日(土)

参加人数:乳幼児10名 小学生2名 大人7名

場所:広場

時間:10:30~11:30

気持ちの良い天候に恵まれ「あおぞらペイント」を行いました。

前日の雨のため広場の芝は少し濡れていて心配しましたが

無事に絵の具遊びを楽しみました。

各家庭ごとに模造紙を用意して親子でゆっくり楽しみます。

今年は6組の親子が参加しました。

絵の具は「赤・青・黄色」の3色を用意。

保護者も一緒に絵の具遊びをして

「私の方が夢中になっちゃう~楽しい!」

「お家では出来ないからこういうのいいですね」

と笑顔に満ち溢れています。

時間が経つにつれて徐々にダイナミックになり手形、足型で模造紙が彩られていきます。

「こんなに楽しむと思いませんでした」

「このような遊びが好きなんですね」と我が子の一面を知るきっかけにもなったようです。

3色の絵の具から混ざりあって色々な色を楽しむことも出来ました。

色々なタンポを使って模様にしたり、足型の魚にしたり・・・

白い模造紙はあっという間にたくさんの色、模様で描かれました。

子ども達は全身を使って遊び親子の会話も弾んだ時間となりました。

各家庭の芸術作品は後日児童館に飾らせて頂きます。

見ていると親子の会話や子どもたちの声が聞こえてきそうですよ。

保育士 原田 由美子(1)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー