お知らせ

2020/09/16 お知らせ

コマーム子ども未来SDGs取組み

先日の「コマーム子ども未来SDGs宣言」に続き、

コマーム子ども未来SDGsの具体的な取り組みをご紹介させていただきます。

以下、取組み文


「コマーム子ども未来SDGs」の取り組み

 

1、多様で広域の保育・子育て支援サービス事業を通して、子どもたちに関わるSDGsの社会課題解決の取り組みや、未来の担い手となる子どもたちがSDGsへの関心を高め、自ら考え行動するプログラムを実施すると共に、新たな取り組みにも挑戦し続けます。

①放課後児童クラブ、児童センター等、子育て支援施設などにおいて、貧困、飢餓、健康と福祉、教育、国際理解と支援、環境、ジェンダーなど、様々な子どもたちと未来に関わる100を超えるSDGsの事業、取り組みを実施するとともに、今後も新たな取り組みを促すため「コマーム子ども未来SDGs大賞」を設け、2030年までに200事業にしていきます。

②小学生親子を対象に、年間を通して地域と社会のキャリアを体験する「おやこキャリアスクール」において、キャリア教育(編集、設計、観光、製造、メディア等)や国際支援(ユニセフ学習と募金活動)、多文化共生などSDGsの視点で様々なプログラムを実施していきます。

③地球温暖化防止市民運動「エコライフDAY」及び、児童虐待防止啓発運動「オレンジリボン」に全施設、全社員で取り組んでいきます。

 

2、実施にあたっては、地域の人たち、市民団体、企業、行政、教育機関など社会・地域の多様な主体と協働し、地域のリーダー役を担っていきます。

①児童センター等において、地域の参加や連携を深めるための「地域あったか懇話会」を開催し、地域の様々な主体をまとめるとともに、地域の課題解決のための推進役となっていきます。

②児童虐待防止運動やおやこキャリアスクール、放課後児童クラブ、児童センター等の地域

との協働プログラムなどにおいて、地域のリーダー的役割を担っていきます。

③放課後児童クラブや児童センター等での地域との交流事業において、多くの地域の人たちの活躍の場と生きがいを創造していきます。

 

3、そのために、保育・子育て支援サービス業務の雇用において、様々な人たちの活躍の場になるとともに、多様な働き方や生きがいなど、社員のワークライフハピネスの充実を図っていきます。

①女性、シニア、障がい者、外国人、学生など多様な人たちに対して、就労やインターンを通し、活躍の場や機会を創造していきます。

②ありたい姿と現状のギャップを解決するための研修、社員満足度調査、全社員対象の5つの共感協働カード(安全気づき、つぶやき、おもいつき、ありがとう、感動体験)などにより、働く喜びと自己成長を醸成していきます。

③様々な雇用形態を設け、社員一人ひとりの家族や生活形態、労働意識に合わせた豊かで多様な働き方を実現していきます。


以上

お知らせ