今日の青木北ここまるひろばのプログラムは

「赤ちゃんと遊ぼう」の一回目です。

 

「赤ちゃんのイメージは?」と聞くと、

「かわいい」「いっぱい泣く」「ちいさい」などという答えが返ってきました。

 

まずは、赤ちゃんについてのお勉強。

「首が座るのはだいたい生後三か月くらい、お座りはだいたい六か月くらいです。」

「どれくらいになったら歩けると思いますか?」

 

「ずーっと大きくなってから」「二歳だと思う」と、いろいろな答え。

 

「個人差はあるけど、一歳から一歳半くらいで歩き始めます」

「えーっ!」「はやい!」「すごい!」

 

次は赤ちゃんとの遊び方を勉強しました。

 

「赤ちゃんがびっくりしないように、優しい声で話しかけて優しく触ってあげてね。」

まずはスタッフが、『一本橋』の手遊びをやってみせます。

 

 

 

『♪階段のぼって~こちょこちょこちょー(≧▽≦)』

 

小学生もこちょこちょは大好きみたいです。

 

さあ手を洗って、消毒をして、準備はOK。

ゲストの赤ちゃん親子さんをお迎えします。

 

五か月から三歳の親子さん四組が遊びに来てくれました。

 

 

 

 

親子さんのご紹介と、インタビューをしました。

「どんな遊びが好きですか?」「いろんな物を舐めたりして遊びます(笑)」

「泣いたときはどうしますか?」「泣きやむまでずーっと抱っこしています」

 

「えーっ、ずっとー!」「お母さん手が痛くなるね」驚きがいっぱいです。

 

いよいよ、赤ちゃんと遊びます。

 

「どんなおもちゃが好きかなぁ?」

「一緒に遊ぼうね。タッチ!」

 

 

 

 

握手をしたり、ほっぺを触らせてもらったり、

「ぎゅーって握ってくれた!」

「あったかーい」

「ぷにぷにしてる!」

 

上手に赤ちゃんと遊べる子、恐る恐る赤ちゃんに触れる子、少し離れた所から様子を見ている子…

赤ちゃんとの触れ合い方は様々でしたが、いい体験になりました。

 

最後は小学生から「ありがとう」の気持ちを込めて折り紙をプレゼント。

 

 

 

 

 

「楽しかった!」「もっと遊びたかった」の声の中、名残惜しいお別れでした。

 

遊びにきてくれた親子さんの方からも、「楽しかったです、また来ます」と言って頂きました。お忙しい中お越し頂きありがとうございました。

 

次回は新生児と同じ身長体重がある人形を使い、着替えの仕方やおむつの当て方、おんぶの仕方や抱っこの仕方などを体験します。

 

今日来て下さった親子さんの他にも、多くの親子さんが遊びに来てくれる予定なので、

実際に抱っこさせていただいたり、一緒に楽しく遊ぶ体験ができればと思っています。

 

保育士 遠藤 順子①

 

 

「じゃあ今度はみんながお友達と二人組になってね。どっちか一人が赤ちゃん役になってやってみましょう」

『♪いっぽんばーし、こーちょこちょ たたいてつーねって…』

 

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー