「万華鏡作り」

2月6日、放課後子供教室、神根ここまるひろばでは埼玉県青少年夢の配達授業より、
日本工業大学の梅谷篤史先生、河住有希子先生をお招きして、光の反射の実験、万華鏡作りを行いました。
光と鏡の反射の関係(1つの光が鏡の反射によってどのように見えるか)を実験を見ました。

普段、空中での光は目に見る事はできませんが、煙によって光の道を見る事ができ、
鏡の反射によって星の形ができました。子ども達は、星の形になる事に驚き何度も煙をあてていました。
15-02-06_002

実験の後は、万華鏡作りです。
1枚のプラスチックミラーを二等辺三角形、3枚に切り、向き合わせて、三角柱を作ります。
切った所を色々なビニールテープでとめ、三角柱の角に色セロハンをつけたら出来上がりです。
ビニールテープとセロハンから入る光が鏡に反射して色鮮やかな幻想的な世界を楽しむ事ができます。
15-02-06_005

プラスチックミラーを切るのに苦労していた子もいましたが、形になってくるとドキドキ、わくわく
「はやく、みてみたい!」
「色々な色を使って作りたい!」
と想像も膨らんでいきました。
できあがり、
「うわー! きれい!」
「すごーい! みて、みて」
覗いた時の子ども達の表情は笑顔であふれていました。
最後に、先生はどのように夢をかなえたのか聞いてみました。
「先生が、小学生の頃、色々な実験をみて不思議だなぁと思った事がきっかけとなり、
どうしてだろうと疑問を持ち、大学で学び、今の仕事に繋がっている」
と話をして下さいました。
15-02-06_007

今日の体験が、子ども達にとって科学の楽しさを知るきっかけとなれば嬉しいです。
梅谷先生、河住先生、貴重な体験を有り難うございました。

保育士(1)金澤香美

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー