9月29日(月) 芝ここまるひろばにて「ちょうせん!ニュースポーツ!」を行いました。

 

☆今回はニュースポーツという事で、

ドッジビーとナリケーンを紹介。

聞き慣れないタイトルではありますが、

ドッジビーは、

ドッジボールのボールの代わりにフリスビーを使用(ルールはドッジボールと同様)

しかしボールとは違い、

思うように投げられないフリスビーに、子ども達も悪戦苦闘。

しかし…悪戦苦闘しながらも芝の子ども達は闘志をむき出しにし、ゲームに参戦していました。

 

FJ3100940002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生~5年生までの異年齢交流をねらいとして、

今回も各学年を混ぜてのチーム編成をしました。

普段であれば、

『各チームで一番学年高い子がリーダーだよ!』

という声掛けを行うのですが、今回はあえてせずに様子を見守りました。

さすが子どもたち!

「投げていない子に渡してあげようよ。」

という5年生の言葉でフリスビーを他の子に渡したりする姿も見られ、

何とも微笑ましい光景も見る事が出来ました。

 

 

ナリケーンも馴染みのないタイトルでしたが、1チーム8人~10人に分かれ、

その中から5人を選出します。

そして、ボールを各チーム1つずつ使い、

それぞれ的となる相手陣地に置かれているペットボトルを、

ボールで落としたら得点(勝ち)というものです。

 

リーダーシップを取って、出場の順番や、攻撃・守備の配置についても皆で考えます。

「学年がバランス良くなるようにしよう。」

「今度は守備をしっかりしよう!」

フォーメーションなどは自由!なので、チームごとに様々なアイディアが生まれてきます。

FJ3100980001

 

 

 

 

 

 

 

 

また、試合中では高学年の子はアイディアを出して、

どの方向から落としても良いということを上手に利用して、

相手の守備の死角にパスを出していく工夫も見られました。

初めはとにかくボールを持って、相手のコートに走っていくだけの団子状態だったものが、

次第に意識を持ったバランスへと変化していきました。

 

『楽しかった~』

思い切り体を動かして、笑顔の子ども達にスタッフも笑顔になりました。

芝ここまるひろばで、このナリケーンを流行らせていきたいと思います!

 

保育士 佐藤久美子①

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー