中居ここまるひろば 「伝統遊び 竹とんぼ」

 

放課後子供教室

中居ここまるひろば

「伝統遊び 竹とんぼ」

DVC00118

11月17日の中居ここまるひろばでは、『彩の国どこでも竹とんぼくらぶ』の講師の方3名に

来ていただき、竹とんぼを作って飛ばして遊びました。

 

体育館に入って早々、子どもたちはテーブルに並べられた竹とんぼの材料が気になる様子で

何人も覗きにきました。

 

竹とんぼ作りの前に、講師の方が、高く飛ぶ竹とんぼと長時間跳ぶ竹とんぼの2種類を

飛ばして披露してくれました。

DVC00107

 

子ども達は

「おー」

と歓声を上げながら

跳んでいる竹とんぼを目で追いかけます。

 

そして竹とんぼに興味がいっぱいになった所で竹とんぼ作りです。

 

工作のブースに移動した子どもたちは

初めて見る竹とんぼの部品を目の前にして、今か今かと説明が始まるのを待っています。

 

「まずは竹とんぼの羽の角を丸く削ります。」

講師の方から説明があり、早速作業に取り掛かります。

DVC00099

 

「削るのはこれくらい?」

近くにいる講師やスタッフに何度も確認しながら

みんな、丁寧に丁寧に作りました。

 

羽を加熱して、ねじれを作る工程では

「これで跳ぶかな?」

「ちゃんと曲がった?」

きちんと作れているかとても気になるようです。

「この羽は長い時間飛びそうだね。」

「この羽は高く飛びやすそうだ。」

と子どもの羽を見てみました。

飛ぶことが分かると嬉しそうに、次の工程まで

作った羽を眺めたりなぞってみたりしていました。

 

良く飛ぶ竹とんぼを作たいという気持ちが伝わってきます。

 

作り終わった後は、飛ばし方を聞いて

みんなで体育館いっぱいに広がって飛ばして遊びました。

 

DVC00077

飛ばせない子を探していると、

「見ててー」

と竹とんぼを飛ばす所を見せてもらいました。

「飛ばすの上手だね。」

というと、

「飛ばしてみる?」

と竹とんぼを貸してくれました。

 

「うまく飛ばせない人いますかー?」

と声をかけて回りましたが、なかなか見つかりません。

みんな夢中で竹とんぼを飛ばしています。

 

飛ばし方をしっかりと聞けていたからか、講師の方から

「今日の子どもたちは飛ばすのが上手い!」

とお褒めのお言葉をいただきました。

 

最後に、みんなで一列に並び一斉に飛ばしてみました。

初めて竹とんぼを飛ばす子が多い中、みんな良く飛びました♪

 

 

作った竹とんぼを大事に持って帰りました。

 

『彩の国どこでも竹とんぼくらぶ』の講師の皆様。

竹とんぼの楽しさを体験させていただき、ありがとうございました。

 

児童厚生員 池田幸司(11)

こころまーるく笑顔で保育 Commam Blog

カテゴリー

最新記事

バックナンバー